北本新駅の住民投票行ってきた

北本日記アーカイブ(記録保存)

 期日前投票所の様子

kitamoto-shineki-20131214-05

北本新駅の住民投票。

期日前投票に行ってきました。

 

期日前投票の会場には沢山の人がいました。

賛成の人も反対の人も関心持って投票きてるんですね。

住民の関心は高く投票率も50%を超える勢いというニュースを読んだ話は本当だったのだと強く実感。

 

投票を終えて

投票用紙を受け取る。

記入するための机に向かい、鉛筆を手に取る。

 

 

自分の中では答えは決めていた。

大局的に考えて答えを決めようと情報を集めてきた。

 

その答えでいいのかと少し悩んだ。

結局答えは変えずに丸を書き投票した。

 

出口調査の方がいて色々聞かれたけど、上の空だった。

 

明日開票すれば結果が決まる。

その結果は今後の北本の方向性を決めるのでしょう。

 

最初は住民投票をアリだと思っていた。徹底議論すれば最適解が求まると思っていたから。

でも、調べれば調べるほど、たくさんの人の考えに触れるほど、無理だと思った。

 

一部の高尚な考えの人を除けば、住民なんて自分のことしか考えない。

良い悪いじゃなくてそんなモンだ。ワタシだって結局は自分基準で答えを決めた。

 

全体最適解なんて「個人の判断の集合」から導けない。

行政が考えて決めていくしかないハズなのに。

 

住民投票にした結果、市民は対立するしかなくなった。

ホント残念。ホント寂しい。

 

 

これはなんなんだ!

文化祭の演目決めるワケじゃないんだぞ。

住民の気持ち考えてんのか。

 

未来を決められる人間を選挙で選んでんだ。どういうノリで「未来」って言葉使ってんだ。こにゃろーーーーー!

 

そんな思いで一杯です。

 

出口調査

朝日新聞さんが出口調査しに来てました。

内容は以下のとおり。

  • 賛成反対どっち
  • 理由
  • 年齢
  • 職業
  • 住んでるエリア

後日メディアに載せるとのことでした。

タイトルとURLをコピーしました