【熊谷】おふろcafe bivouac(おふろカフェビバーク)9月10日オープン!

おふろカフェNEWS

2018年5月21日(月)、埼玉県熊谷市にある「おふろカフェビバーク」が日本テレビのヒルナンデス!で放送されるそうですよ。おふろカフェは、お風呂だけじゃなくて食事も楽しめるおしゃれカフェ。埼玉県内に個性豊かな店舗が4つあります。

おふろカフェビバークはグランピングをテーマにしたおふろカフェ。
番組でどのように紹介されるのか楽しみですね。

詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

おふろカフェビバーク(埼玉県熊谷市)がヒルナンデス!で放送【5月21日】

 

 

熊谷市にグランピング温浴施設「おふろカフェビバーク」がオープンします。

オープン日は9月10日(土)。午前10:00から営業開始です。

 

※9月8日追記 行ってきたレポを書きました!

【全力レポ】熊谷おふろカフェビバークに行ってきた! 〜屋内なのにアウトドア!?ボルダリング・テント・ツリーハウスもあるよ〜

おふろカフェって?

「おふろカフェ」といえば、大宮に「おふろカフェ utatane」がありますよね。

銭湯とカフェが融合したフシギなくつろぎ空間が人気の施設です。

北本日記も一度行ったことがあります。帰りたくなくなるくらい居心地良くて楽しかった〜(*´∀`*)

その姉妹店としてオープンするのが、熊谷の「おふろカフェビバーク」です。

おふろ ✕ cafe ✕ グランピング

大宮のおふろカフェのテーマが「うたたね」なのに対し、

熊谷おふろカフェのテーマは「グランピング」。

「グランピング」…聞き慣れない言葉なので調べてみました。

自然に囲まれたロケーションの中に、贅沢で快適な宿泊設備を用意して野営すること。
一般的には、キャンプといえば、アウトドアで宿営するための最小限の用意のみで行われる。食事も寝床も簡素なもので、風呂やトイレや娯楽はない。これに対してグランピングと呼ばれるタイプのキャンプでは、風呂・トイレ・空調設備、ゆったり座れるソファ、ベッドなどを揃え、ものによってはテレビや冷蔵庫なども備えられた、豪華な設備がしつらえられる。自然の中で過ごすキャンプの醍醐味と、ホテル並の快適な過ごし方を両立させるスタイルといえる。

つまり快適空間でのアウトドア、キャンプってことかな?

「ビバーク」という言葉もアウトドア用語で「野宿・露営」という意味があるわけで、

熊谷おふろカフェはアウトドア感が強めの「遊べるおふろカフェ」になりそうです。

施設内にテントをはったり、クライミングウォールの設置…などなど、想像するだけでも楽しそう!

場所

おふろカフェビバークの場所は、熊谷市久保島。

旧・サイタマ健康ランドを全面改装してオープンさせた形となります。

最寄り駅は籠原。徒歩だと20分以上かかるので、車かバスで行くのが良さそうですね。

 

オープンしたら遊びに行ってみようと思いますヽ(=´▽`=)ノ

施設情報

 【体験レポはこちら】プレオープンに行ってきた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です