【全力レポ】熊谷おふろカフェビバークに行ってきた! 〜屋内なのにアウトドア!?ボルダリング・テント・ツリーハウスもあるよ〜

さくら(北本日記2号)
この記事は「 」が書きました

熊谷のおふろカフェ bivouac(ビバーク)プレオープンに行ってきました。

9月10日のオープンより一足先に、最速・全力レポをお届けします!

LET’S ビバーク!

おふろカフェビバークがあるのは熊谷市久保島、最寄りは籠原駅です。
北本から車を走らすこと40分。17号から熊谷バイパスを抜け、距離の割に早く着きました。

slooProImg_20160908160443.jpg

テーマは「おふろ✕cafe✕グランピング」。ロゴマーク、テントから湯気が出てます。ほんとにテントがあるのかなー?(・∀・)

img_2536-ofurocafe-bivouac-010 img_2548-ofurocafe-bivouac-010

入口をくぐるとさっそくアウトドアグッズがお出迎え。「グランピング」感出てます。

img_2941-ofurocafe-bivouac-020

まずは受付で料金プランを選びましょう。ゆったりできるフリータイムが断然おトク。

料金表は別記事にまとめました。

img_0839-ofurocafe-bivouac-020

受付を済ますと貰えるリストバンド。裏にヒミツが…

img_2694-ofurocafe-bivouac-020

バーコードが付いてます。レストランで食事する時など、このバーコードを読み取ってオーダーすれば、帰る時にまとめて精算できる。館内ではお財布を持ち歩かなくてOK、便利なシステム♪

img_2696-ofurocafe-bivouac-020

フリータイムで入ると、タオルと館内着のセットを貸してくれますヨ。

img_2928-ofurocafe-bivouac-030

「*マーク」が可愛らしいバッグは、新潟発のアウトドアブランド「snow peak」のもの。おふろカフェビバークはスノーピークとコラボしてるらしく、館内のいたるところにスノーピークのグッズが登場します。

img_0835-ofurocafe-bivouac-030

館内マップ

1階はお風呂、2階はレストランがメインになってます。

slooProImg_20160908160844.jpg

館内、とにかく広かった!大宮のおふろカフェutataneも広いですが、「ビバーク」はさらに広い。これは一日遊べそう。

まずは1階から順番に巡っていきますヽ(=´▽`=)ノ

img_0704-ofurocafe-bivouac-040 img_0809-ofurocafe-bivouac-040

ボルダリング・ポンドソファ

さっそく目に飛び込んできたのが、ボルダリングの壁。これがウワサの・・・!

img_0780-ofurocafe-bivouac-040 img_0784-ofurocafe-bivouac-040

この日はネットがかかっていて上までは登れませんでしたが、オープン後に利用可能になるそうです。

 

その下に広がるのは池…に見立てた穴型のソファ、通称「ポンドソファ」。

img_0684-2-ofurocafe-bivouac-040

ここにスッポリはまってみると、妙に落ち着く。並んだ雑誌を読みながら池に沈んでのんびりするもよし(*´∀`*)

img_0686-ofurocafe-bivouac-040

雑誌の種類の多いこと。そしてなかなかマニアックなのがあります。おふろカフェビバークのターゲットは「30〜50代男性」とのことで、ビジネス系、アウトドア系の雑誌も多くありましたよ。

img_0794-ofurocafe-bivouac-060

1号さん、芝生の上にパソコンを広げ始めました。

img_2922-ofurocafe-bivouac-080

電源もあった。まさか池の中で記事書きですかい?(・∀・)
館内の電源は自由に使って良いそうです。

img_2925-ofurocafe-bivouac-080

cafe & bar okibi(おきび)

お酒やソフトドリンク、軽食メニューが楽しめるバーコーナー。

img_0821-ofurocafe-bivouac-040

メニュー。(こちらはプレオープン専用のもの)

img_2816-ofurocafe-bivouac-040

奥にあるワイン&日本酒の「セルフ試飲サーバー」から好きなものを飲むこともできます。

img_0693-ofurocafe-bivouac-040 slooProImg_20160908160400.jpg

このマシン、超ハイテクなの!ディスプレイに銘柄と値段が表示されていて、カードを差し込んでボタンを押すと注ぎ口からお酒が出てくる仕組み。

img_2815-ofurocafe-bivouac-040

グラスとカードはバーカウンターで貸してくれます。

img_2620-ofurocafe-bivouac-040 img_2617-ofurocafe-bivouac-040

30mlから試せる。気になるお酒をちょっとだけ味見、ってコトが気軽にできますね。

img_2621-ofurocafe-bivouac-040

コワーキングエリア

備え付けのPCが自由に使えるコワーキングエリア。

img_0691-ofurocafe-bivouac-040

画面が大きくてきれい!ヘッドホン付きが嬉しいです(*´∀`*)

slooProImg_20160908160830.jpg

1号さんが某素敵ブログを読み始めましたよ。

img_0823-ofurocafe-bivouac-040

フリーコーヒー

挽きたてコーヒーが無料で楽しめます。しかも珈琲豆は2種類から選べる。

img_2817-ofurocafe-bivouac-040 img_2605-ofurocafe-bivouac-040 img_2801-ofurocafe-bivouac-040 img_2804-ofurocafe-bivouac-040 img_2805-ofurocafe-bivouac-040

コワーキングエリアで美味しいコーヒー飲みながら作業したら、捗りそう(・∀・)

img_2807-ofurocafe-bivouac-040

くつろぎスペース

岩をイメージしたグレーのソファ、木をイメージした茶色いクッションが落ち着くくつろぎスペース。火を囲んでる感じがキャンプっぽくてワクワクするーっ。

img_0687-2-ofurocafe-bivouac-040 img_2788-ofurocafe-bivouac-040 img_2622-ofurocafe-bivouac-040

ふたり分の体がすっぽりおさまる特大ソファ。こもってゴロゴロするの、最高\(^o^)/

img_0700-2-ofurocafe-bivouac-040

ハンモック・テント

一度は入ってみたい憧れのハンモックがありました。ゆらゆらし放題だぞ(・∀・)

img_2776-ofurocafe-bivouac-040

宙吊りになったテントを発見。ふわふわ浮いてるみたいで不思議な感覚。これは楽しい!

img_0798-ofurocafe-bivouac-040

ふつーのテントもあります。  中に入っておやすみモードのさくら。普段キャンプなんかしないので新鮮でした。

img_2824-ofurocafe-bivouac-040

ツリーハウス

はしごを上って行けるツリーハウス。定員4名までの小さな部屋です。こういう隠れ家みたいの、ワクワクするよね(*´∀`*)

img_2790-ofurocafe-bivouac-040 img_0695-ofurocafe-bivouac-040

上からの眺めはまた格別。

img_0702-ofurocafe-bivouac-040

入口側にもうひとつロフト部屋がありました。こっちもいいぞ。

img_0806-ofurocafe-bivouac-040  img_0807-ofurocafe-bivouac-040

relaxation & beauty aura(アウラ)

ボディケアなどの施術を行ってくれるリラクゼーションスペース。全身ほぐされたいぃぃ(*´ω`*)

img_0712-ofurocafe-bivouac-040 img_0709-ofurocafe-bivouac-040 img_0710-2-ofurocafe-bivouac-040

料金表はこちら。

img_2966-ofurocafe-bivouac-090

お風呂

お風呂は男湯・女湯に分かれてます。…って当たり前か(・∀・)
今回はオープン前、特別に写真を撮らせてもらえたのでお風呂の写真あり!

img_0779-ofurocafe-bivouac-030

更衣室・ロッカー

img_0680-ofurocafe-bivouac-030

 

img_0683-ofurocafe-bivouac-030 img_2602-ofurocafe-bivouac-030 img_2603-ofurocafe-bivouac-030

更衣室にマッサージチェア完備。風呂上がりにほぐされたいぃぃ。

img_0657-2-ofurocafe-bivouac-030

風呂上がりといえば牛乳!ですよね。

img_2593-ofurocafe-bivouac-030 img_2596-ofurocafe-bivouac-030 img_2595-ofurocafe-bivouac-030

自販機もバーコードで買えるんです。小銭不要。小岩井の牛乳、美味しいよね。種類もいろいろあって良かった。

img_2600-ofurocafe-bivouac-030

サウナ

img_0677-2-ofurocafe-bivouac-030

浴室

シュワシュワの高濃度炭酸湯、硫黄の湯、薬湯、ジェットバスなどいろいろあって楽しい。

img_0659-ofurocafe-bivouac-030 img_0665-2-ofurocafe-bivouac-030 img_0677-ofurocafe-bivouac-030  img_0670-ofurocafe-bivouac-030

あかすり・ボディケアの部屋もありました。ほぐされたい。(←三度目)

img_0661-ofurocafe-bivouac-030 img_2577-ofurocafe-bivouac-030

泥パックはなんと無料らしいですヨ!

img_2574-ofurocafe-bivouac-030

露天風呂

お風呂は基本、男女とも似た作りでしたが、露天風呂だけは違いあり。

こちら、男湯の露天風呂です。10月からは児玉にある温泉「白寿の湯」のお湯を運んでくる予定とのこと!

img_0666-ofurocafe-bivouac-030

こちら、女湯の露天風呂。一人ずつ入れるつぼ湯型になってます。

img_0669-2-ofurocafe-bivouac-030 img_0672-2-ofurocafe-bivouac-030

グルメ編へ続きます

1階の紹介はこれにて終了。ここまででかなりの大ボリューム。ほんとに見どころ満載のおふろカフェビバークです。

img_0777-ofurocafe-bivouac-040 img_0714-ofurocafe-bivouac-040

ひとっ風呂浴びたら美味しいモノ食べようぜ。階段を上がるとそこは、おしゃれなアウトドアレストラン!

グルメ満載の2階レポはこちら!

【体験レポ 後編】特等席はでっかいテント!キャンプ気分が味わえるレストランの秘密とは!? 〜熊谷おふろカフェbivouac(ビバーク)〜

2016.09.09

 

おふろカフェビバークで気になったグッズあれこれ

おふろカフェビバークは使ってるインテリアやグッズが素敵。アウトドア感出てます。

ということで、気になったグッズをピックアップしてみた。

 

まずは入口で渡された、室内着とタオルが入ったバッグ。

アウトドアグッズのブランド「スノーピーク」のもので、雪の結晶のロゴマークがかわいい(*´∀`*)もともとはキャンプバケツなんですねー。

 

暖炉のそばのソファにたくさん並んでた、切り株クッション。家においたらナチュラルな雰囲気出そう。

 

館内にたくさんあったテント、スノーピークのものでした。テントって思ったよりお手頃価格なんだなー。キャンプする時はスノーピークのテントが欲しいぞ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スノーピーク (snow peak) アメニティドームS SDE-002R 【SP-TENT】
価格:29808円(税込、送料無料) (2017/4/8時点)

おふろcafé bivouac(ビバーク)の基本情報

名称 おふろcafé bivouac(オフロカフェビバーク)
住所 埼玉県熊谷市久保島939
アクセス
  • 【クルマ】関越自動車道 東松山ICから車で約25分
  • 【クルマ】関越自動車道 花園ICから車で約20分
  • 【電車】籠原駅から徒歩約20分(1.6km)
  • 【無料シャトルバス】熊谷駅南口からシャトルバス運行あり
電話番号 048-533-2614
営業時間
  • 10:00〜翌9:00
定休日 なし
料金
  • 【フリータイム(*1)】大人1,380円、小人690円、未就学児390円
  • 【銭湯コース】大人580円〜、小人290円〜、未就学児150円〜
  • 【朝風呂入館】大人580円、小人290円、未就学児150円

*1 フリータイムは会員証による割引あり。深夜は別途追加料金あり。

駐車場 有り(第1、第2、第3があります)
公式情報
備考 小学生未満は入館不可

あわせて読みたいおふろcafé bivouac(ビバーク)のおすすめ記事

【体験レポ 後編】特等席はでっかいテント!キャンプ気分が味わえるレストランの秘密とは!? 〜熊谷おふろカフェbivouac(ビバーク)〜

2016.09.09

【メニュー】おふろカフェビバークのメニュー写真まとめ(フード・ドリンク・パフェ)

2016.09.15

おふろカフェ ビバークの料金表・バス時刻表まとめ

2016.09.08

おふろカフェ ビバークの駐車場アクセス【動画で解説】

2016.09.09

【おふろカフェビバーク】路線バスでの行き方ガイド 〜熊谷駅・籠原駅から〜

2016.09.10

【熊谷おふろカフェビバークに行ってきた】ライブにワークショップにコールドストーンアイス!?おふろカフェの最新情報をお届けします

2016.12.18

おふろcafé bivouac(ビバーク)周辺のおすすめグルメスポット

熊谷の古民家カフェ「Y's cafe(ワイズカフェ)」に行ってきた!

2017.06.29

【茶の西田園】熊谷のかき氷「雪くま」食べてきた お茶屋さんの濃厚抹茶かき氷が激ウマ!

2017.06.15

【熊谷】ホシカワカフェに行ってきた!〜極上のスペシャルティコーヒーとパンケーキ〜

2016.12.01

焼き芋、干し芋、芋ジャム… 熊谷「芋屋TATA」で芋三昧!

2016.01.05

【熊谷・ベーグル】ウスキングベーグルへ行ってきた!

2015.01.09

超甘い!「熊谷 芋屋TATA」で一番人気の焼き芋(紅はるか)がこんがりしっとりねっとり甘くて最高!

2015.01.07

【熊谷・カフェ】cinnamon cafe(シナモンカフェ)

2014.12.25

【熊谷・慈げん(じげん)】慈げんのかき氷はただのかき氷にあらず。ふわっふわの氷!彩り豊かな果物がたっぷり!これは、異次元のかき氷や・・・・!!

2014.05.25

おふろcafé bivouac(ビバーク)周辺のホテル

◆クルマで5分(1.6km)

◆クルマで8分(3.2km)

◆クルマで8分(3.2km)

   

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です