そうだ、新潟行こう「日本一美しい夕日 瀬波温泉 汐美荘」の旅行プラン立ててみた

そうだ、新潟行こう。と思い立ったので旅行計画を立てることにしました。

メインは汐美荘です。「瀬波温泉 汐美荘」は日本一美しい夕日と評判の宿。ここを軸にしてプランを組みました。

あとから振り返れるように、また汐美荘に行きたい人の参考になれば、と今回の旅行計画をまとめておきます。

 

(2016.03.13 追記 行ってきました!)

 

旅行の目的はスローライフ

平日は仕事、土日は埼玉県近隣のブログ活動で忙しい。

 

たまには自分の知らない土地でゆっくりすごしたい。

今の自分は何を望むだろう。

  • 埼玉県は海無し県。海の見える場所に行きたい。
  • のんびりゆっくりと言ったら温泉。温泉に行きたい。
  • 自宅のようにくつろぎたい。部屋食がいいな。

 

自分の望みはスローライフのようです。

さて、どこへ行けばスローライフできるかな。

 

旅行計画の前提

旅行計画の前提は以下の通り。

  • 出発地点:埼玉県北本市
  • 交通手段:車(電車より自由度を求めるため)
  • 宿泊数:1泊2日
  • 旅行人数:大人2人

 

新潟を選んだ理由

スローライフを叶えるために選んだ場所は新潟県です。

なぜか。理由は2つです。

  • 関東近郊の近場が良い
  • 海と言ったら日本海

 

関東近郊の近場が良い

埼玉県から離れて遠くでゆっくりスローライフしたい。

とは言っても

  • 北海道行くどー!
  • 沖縄行っちゃうぞー!
  • 東北も良いかもね

 

とはなりません。

 

贅沢に余裕があれば長旅も良いのですが

時間もお金も体力も限られています。

 

とゆーわけで、極力近く。関東近郊希望。

 

海と言ったら日本海

今回のスローライフ旅行の目的のひとつは「海」。

海行きたい。さて、どっちの海に行こう。

 

海は2つあります。太平洋と日本海です。それぞれどれくらいの時間が掛かるのでしょうか。

グーグルマップでサクッと調べてみたところ

 

  • 【太平洋】北本→湘南 1時間24分 97.6km
  • 【日本海】北本→出雲崎町(良寛と夕日の丘公園) 3時間9分 253km

 

とわかりました。

 

湘南、近い。今スグにでもバビュンと行ける距離。魅力的。

それに引き換え、日本海は2倍の時間が掛かります。いやーこれだけ違うと太平洋で決まりかな。

 

とはなりません。

 

なぜなら、私たちはグンマー出身だからです。

新潟は群馬の隣。日本海は近いです。

一方で太平洋を見るためには「群馬県→栃木県→茨城県」「群馬県→埼玉県→東京都」「群馬県→埼玉県→神奈川県」と、かなり遠いです。

 

群馬県民に聞けば、誰もが海≡日本海と言うでしょう。

海が見たくなったら日本海を選びたくなるのです。たとえ2倍の時間がかかろうとも。

 

というわけで、最も近い日本海「新潟県」が旅先となりました。

早速、旅行雑誌を買いに行こう。

 

「まっぷる」なら電子書籍が無料で付いてきてオトク!

旅行に行くぞ!と決めたらまずすること。

旅行雑誌を買う、ですよね。

 

とゆーわけで向かうは本屋さん。

さてどっちにしよう。

 

 

▼値段比較

種類 紙書籍 Kindle
まっぷる ¥864 ¥600
るるぶ ¥864 ¥667

 

私は紙派。

旅行計画を立てるときにパラパラと好きにめくるカンジが好きなのです。

 

さて紙の値段は同じです。まっぷるか、るるぶか。正直コダワリはありません。

表紙を見てフィーリングで決めちゃうことも多かったです。

 

でも今回は「まっぷる」にしました。

なぜか。雑誌を買えば電子書籍が無料でついてくるからです。旅行計画は紙で、旅先ではアプリって使い方も出来ます。めっちゃオトク。

IMG_2466-niigata-travel-plan-2015 IMG_2467-niigata-travel-plan-2015 IMG_2468-niigata-travel-plan-2015

 

 

るるぶも電子書籍アプリやってます。

でも有料なんですよ。

 

「紙買えば電子書籍付いてくるよ」に心惹かれて今回は「まっぷる」にしました。旅行計画を立てる準備が整いました。

 

旅行計画を立てよう!

早速旅行計画を立てていきます。

 

旅行計画を立てるのに便利なモノ

旅行計画を立てるときこんなモノがあると便利です。

  • 旅行雑誌(まっぷる、るるぶ、ことりっぷ等)
  • 方眼紙(A3が良い)
  • ボールペン(多色が良い)
  • 付箋(多色が良い)

 

こんなカンジ

IMG_2459-niigata-travel-plan-2015

 

方眼紙にザックリと書く

今回の旅行計画の骨子を方眼紙にザックリと書きます。これが骨子になります。

IMG_2461-niigata-travel-plan-2015

だいたいこんなコトを書きました。

  • タイトル
  • 日程
  • 目的
  • 旅行期間中の美味しいモノ(だいたいの旅行雑誌には最初のほうに「美味しいものカレンダー」が載っているのでそれを見て写す)
  • 出発地点から目的地までのザックリルート(往復)
  • 目的地の県のなかで、旅行ルートから外れるため、今回の旅行計画には含めないエリア
  • 雨の日プラン

 

あまり構造化されておらず自由(適当?)に書いているように見えますね。。

それでも書くことは大事です。ザックリと書いた中に本質が詰まっているものです。

 

今回の大事な目的は「夕日」です。絶対に日没前に到着しなければなりません。またルート図を描いてみたら結構時間かかりそうな気がしてきました。となると、1日目の最重要事項は「寄り道せずにまっすぐ目的地を目指す」です。これをしっかり覚えてプランを組まないといけないことに気づきました。書くって大事ですね。

 

行きたい場所に片っ端から付箋

骨子が出来たらこっちのものです。

旅行ガイドを開きましょう。そして「行きたい場所」「気になる場所」に片っ端から付箋を貼っていくのです。

 

大事なことがあります。旅行雑誌は全エリアを見てはいけません。

今回は瀬波温泉がメインです。関越自動車道から長岡ジャンクションを経由して村上市を目指します。「上越・妙高」は旅行ルート外です。旅行ルートから外れた場所にいくら気になる場所があっても行けません。見てもしょうが無いので見ないようにしましょう。

 

▼付箋だらけのまっぷる

IMG_2460-niigata-travel-plan-2015

▼付箋だらけの「SA・PA 道の駅&ドライブマップ」

IMG_2463-niigata-travel-plan-2015

付箋を貼るとき、気をつけたことがあります。

その観光地は天気が大事かどうかです。 晴れじゃないと行っても意味がない場所には付箋に目印を付けておきます。私の場合は「晴れマーク☀」を付けておきました。

 

▼越後七浦シーサイドラインキレイですね。でも、ここは晴れじゃないと残念そう。ってことで晴れマーク。

IMG_2464-niigata-travel-plan-2015

▼八海山ロープウェー。絶景の眺めだそうです。いやーこれも見てみたい。でも、ここは晴れじゃないと残念そう。ってことで晴れマーク。

 

 

IMG_2465-niigata-travel-plan-2015

 

▼城下町。村上市って場所にあるらしい。埼玉県の川越みたいでいいっすな。井筒屋の和スイーツが良さそう。他にも趣きのある街を歩くのは楽しいに違いない。

IMG_2471-niigata-travel-plan-2015

▼瀬波温泉 新潟県で温泉観光地と言ったら瀬波温泉。特集ページに多くの宿が載っています。日の入り時刻表まで載って完璧。

IMG_2472-niigata-travel-plan-2015

 

どっちにする? 大観荘か汐美荘

今回の旅行で一番大事なのは宿です。

温泉宿。ゆっくり入る温泉。まったり部屋食ごはん。そんなスローライフを実現できる宿が必要です。

 

瀬波温泉特集ページには様々な温泉宿が載っています。最初に一番大きく取り上げられているのは「大観荘」です。一番有名みたいですね。大観荘は温泉の付いた部屋があります。自部屋の温泉で夕日が見られる。贅沢。

 

一方でもうひとつ気になる宿がありました。夕映えの宿汐美荘です。どうやら「日本一美しい夕日」が見られると評判のようです。こちらにも温泉の付いた部屋がありました。が、こちらは超スイートルームのようです。結構なお値段にびっくりしました。さらにびっくりしたのは予約で埋まっていたことです。お金的にも予約的にも取れません。汐美荘の自室の温泉は諦めました。

 

「大観荘か汐美荘」は人気のテーマのようで、質問サイトにも挙がっています。

 

じゃらんも見てみました。

 

大観荘の口コミ評点4.4。おお、スゴイ。

汐美荘の口コミ評点4.4。おお、こちらもスゴイ。って同点やんけ!

 

悩みに悩みました。

結果、汐美荘に決めました。

判断基準は

  • 汐美荘の自室温泉は値段的にも予約的にも取れないので今回の検討対象外。
  • 大観荘の自室温泉は魅力的。自分たちだけの温泉なのは素晴らしい。のんびりできる。「自室の温泉から見える夕日」に拘って選んだとすると、雨だったとき残念なことになる。雨の可能性(後述)を考慮すると自室温泉の優先度は下げよう。
  • 比較対象は「自室温泉付き大観荘」と「自室温泉なし汐美荘」。値段はほぼ一緒。お料理もほぼ同クラス。
  • 宿の評点は同点。
  • 口コミを読んでみる。汐美荘のほうが若干好感度高い。
  • 妻の親は旅の達人です。どっちがいいか聞いてもらったら汐美荘だろとの返答。達人のコトバを信じることにした。

です。

 

宿泊プラン

宿泊プランはこちらにしました。

源泉で蒸し上げる蒸気源プラン~極コース~

 

部屋タイプはこちら。

絶景のオーシャンビュー本館和室

全てのお部屋から日本海を望む絶景の和室です。12.5畳のゆったりサイズでバルコニーも完備。もちろん、アメニティも充実。刻一刻と移りゆく眺めをひとりじめしてください。

 

2食の内容はこちら。

盛り込みスタイルの源泉蒸し料理に、村上牛ステーキ、鮑料理など
贅を極めた最上級のお料理コースです。

~5月11日からの新メニューです~
■蒸気源プラン 極コース お料理一例
【乾杯】
村上造り酒屋 大洋酒造の大洋盛で乾杯
【越後村上の郷土の味】
村上風大海・村上牛芋煮
彩り前菜三種盛り合せ
調理長特選の五点美味くらべセット
岩船麩煮びたし
【源泉で蒸し上げる名物料理「蒸気源蒸し」】
瀬波温泉 蟹の姿盛り込み源泉蒸し
【日本海の幸を堪能】
海の幸盛り合せ六点盛り、もずく酢
調理長お勧め逸品の氷盛り
磯の香を楽しむ鮑蒸し料理
【越後村上のブランド牛】
村上牛ステーキ
【美味・岩船コシヒカリを味わうお食事】
岩船産コシヒカリ白米
ご飯のお友 ネギトロ・香の物
本日のお味噌汁
【甘味】
季節のデザート
謹製 夕映えの宿汐美荘 総調理長 相馬強
アレルギー、苦手な食材などございましたら、
事前にお申し付け下さいませ、対応いたします。
※季節や仕入状況により内容が変更になる場合がございます。

■ご夕食は、
『Theオーシャン倶楽部』へお泊りの方は「蒸気源ダイニングはまなす」、
『本館』へお泊りの方は「お部屋食」、
『南館』へお泊まりの方は「ダイニング」または「お食事処」での
お支度となります。

■ご朝食は、
海の見えるダイニングはまなすにて全40種以上のバイキングをお召し上がり下さい。
(6:45~9:00)

 

美味しそうです。

 

梅雨明け確認

旅行予定日は7月3日です。梅雨時期です。晴れを見込んで旅行計画を立てたけど雨だった、では残念です。

 

実際、新潟の梅雨明けはいつ頃なのでしょうか。

調べてみました。

2015年の北陸の梅雨入りと梅雨明け時期の予想は?(新潟県、富山県、石川県、福井県)

今年の北陸(新潟県、富山県、石川県、福井県)の梅雨入りと梅雨明け時期の予想は・・・

  • 梅雨入り・・・6月12日ごろ
  • 梅雨明け・・・7月24日ごろ

 

おお。なんと。

梅雨まっただ中ですね(苦笑)

「晴れに全部」もいいですが、雨の可能性を見越してプランを組むのが賢明そうです。

 

行きたい場所を絞り込む

付箋を貼り付けたページをざぁーっと見返して

 

  • 雨の可能性を考慮して「晴れマーク☀」の付箋を片っ端から外します(今度天気のいい季節に来るよ)。
  • 旅行ルートから大きく外れるエリアに付箋が付いていたら外します。一番最初に「ルート外は見ない」と宣言したはずですが、ここも行きたい〜とエリアも見ずに貼られた付箋が多数ありました。これらは外さなければなりません。

 

結果、行きたい場所が絞り込めました。

  • 瀬波温泉 汐美荘
  • 喫茶Tea井筒屋(村上城下町)
  • 角上魚類本店(魚のアメ横)
  • 彌彦神社
  • アルパカ牧場
  • 小島屋製菓店(志んこ餅)

 

全部巡れそうか検証します。

1日目は、汐美荘と城下町。2日目はそれ以外。

アルパカ牧場と小島屋製菓店は六日町エリアです。六日町エリアは新潟県の南側。往路に行かないなら復路に行くことになります。旅行の一番最後に2ヶ所も巡れるでしょうか。アルパカ牧場は絶対行きたい。なので小島屋製菓店に行けるかどうかを考えます。

小島屋製菓店へは六日町インターチェンジから魚沼スカイライン、国道253号で向かいます。距離は38km、時間は53分。グーグルマップの経路を見るとウネウネ道。これはやばそう。ストリートビューで確認するとやっぱり超山道。軽自動車には荷が重そうです。

というわけで、小島屋製菓店は諦めることにしました。「志んこ餅」は通販もやってるみたいだし今回の計画からは外そう。

 

行く場所がやっと決まりました!

あとは工程を考えるだけです。

 

新潟旅行プラン

工程

1日目

時間 内容
08:00 自宅出発
08:00〜08:30 一般道
08:30〜14:20 東松山IC〜村上瀬波温泉IC
運転時間4H
お昼(1H)+休憩(30M×2) = 2H
合計6H = 4H + 2Hお昼 越後川口SA 長岡醤油ラーメン、わっぱ飯が美味しそう
14:30〜16:30 城下町観光&井筒屋でおやつ
16:30〜17:00 一般道移動
17:00 汐美荘チェックイン
19:10 日の入り

 

2日目

時間 内容
07:30 起床(着替え等々)
08:00〜09:30 朝食、汐美荘チェックアウト
09:30〜11:00 村上瀬波温泉IC〜三条燕IC(108km)
11:00〜12:30 寺泊。魚のアメ横 買い物&食べ歩き(浜焼き)
12:30〜13:00 一般道(20分)
13:00〜14:00 彌彦神社
14:00〜15:30 三条燕IC〜小千谷IC〜アルパカ牧場(1時間16分)
15:30〜16:30 アルパカ牧場
16:30〜20:00 小千谷IC〜東松山IC(204km 3時間13分)
休憩、夜ご飯の時間含めず

 

おみやげ計画

職場用は越後川口SA、自宅用は魚のアメ横で買おう。

 

ごはん計画

区分 1日目 2日目
朝ごはん コンビニ,SAで適当に 汐美荘の朝食バイキング
昼ごはん 越後川口SA 魚のアメ横で浜焼き食べ歩き
おやつ 村上城下町 井筒屋 未定
夕ごはん 汐美荘の部屋食ごはん 自宅(魚のアメ横で買ったお魚で)

 

予算

費目 金額 比率
宿泊費 45,660円 49%
交通費 17,570円 19%
└ガソリン代 7,480円 8%
└高速代 10,090円 11%
飲食費 9,000円 10%
おみやげ代 3,000円 3%
合計 92,800円

 

予算根拠

ガソリン代

  • 走行距離 合計748km
    340km×2(汐美荘までの往復)+
    20km×2(燕三条ICから寺泊&彌彦神社の往復)+
    14km×2(小千谷ICからアルパカ牧場の往復)
  • 燃費 14km/l
  • ガソリン代単価 140円/l

 

高速代

ドラぷらで検索

軽自動車、ETC料金

  • 平日 東松山IC〜村上瀬波温泉IC 5,490円
  • 土日 村上瀬波温泉IC〜三条燕IC 1,240円
  • 土日 三条燕IC〜小千谷IC 760円
  • 土日 小千谷IC〜東松山IC 2,600円

 

飲食費予算根拠

  • 1日目 朝ごはん(500円/人)、昼ごはん(1,000円/人) 3,000円
  • 1日目 おやつ(1,000円/人) 2,000円
  • 2日目 昼ごはん(1,000円/人) 2,000円
  • 2日目 おやつ(1,000円/人) 2,000円

 

新潟旅行行ってきたよ 汐美荘のレポはこちら。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です