高崎線130周年スタンプラリーには「休日お出かけパス」がお得?!

高崎線130周年記念

高崎線130周年スタンプラリーの交通費

スタンプラリー楽しみですね。ですが、いったい交通費はいくらかかるのでしょう。

総額を安く済ます方法はないのでしょうか。調べてみました。

おことわり

金額は大人料金にて計算しております。子供料金は別途計算してみて下さい。

修正履歴

  • 2013/07/11(木) 乗車パターンを2パターン追加しました。
    Twitter経由で色々とご意見頂きました。その結果を反映。
    大回り乗車&青春18切符

「休日お出かけパス」を使うのがお得

殆どの人にとっては「休日お出かけパス」を使うのがお得に済ます良い方法です。3,380円で高崎線の全24駅を巡ることができます。

しかも、浦和駅開業130周年スタンプラリー「ウラワナナイロスタンプラリー」もこの金額込みで回れちゃいます。

「休日お出かけパス」よさげですよ!

odekake-pass

 

交通費のプランを再確認

「休日お出かけパス」以外にどういう切符の買い方があるのでしょうか。お出かけパスを含めて、5パターンあります。

  1. 普通に切符(Suica)を1区間ずつ買う
  2. 途中下車切符
  3. 青春18切符
  4. 大回り乗車
  5. 休日お出かけパス

 

これ以降の試算の前提条件は以下の通りです。前提が違う場合は適宜読み替えて下さい。

  • 高崎線の区間の定期券を持っていない
  • スタンプラリー実施の場合、高崎線全区間の切符が必要
  • 高崎線の始発駅(上野/高崎のいずれか)から開始し、反対側まで行き、出発駅に戻ってくる

普通に切符(Suica)を1区間ずつ買う

結論:5,780円かかる。高い。普通はコレは選ばない。

 

往路:1区間ずつ買う

復路:上野から高崎までを買う

往路の金額

No FROM TO 金額
1 上野 尾久 150
2 尾久 赤羽 150
3 赤羽 浦和 210
4 浦和 さいたま新都心 150
5 さいたま新都心 大宮 130
6 大宮 宮原 180
7 宮原 上尾 180
8 上尾 北上尾 140
9 北上尾 桶川 140
10 桶川 北本 180
11 北本 鴻巣 180
12 鴻巣 北鴻巣 180
13 北鴻巣 吹上 140
14 吹上 行田 140
15 行田 熊谷 180
16 熊谷 籠原 190
17 籠原 深谷 180
18 深谷 岡部 180
19 岡部 本庄 180
20 本庄 神保原 180
21 神保原 新町 180
22 新町 倉賀野 190
23 倉賀野 高崎 180
24 高崎
合計 3,890

 

復路の金額

上野ー高崎 1,890円

往復の合計金額

合計 5,780円

 

途中下車制度の活用

電車の切符には途中下車という制度があります。

JRのページから引用すると以下の通りです。Wikiの説明はコチラ

● 「途中下車」とは、旅行途中(乗車券の区間内)でいったん駅の外に出ることをいいます。次の例外を除き、乗車券は、後戻りしない限り何回でも途中下車することができます。
● 次の表のきっぷでは途中下車できません。
片道の営業キロが100キロまでの普通乗車券
大都市近郊区間内のみをご利用の場合の普通乗車券
回数券
一部のトクトクきっぷ
特急券、急行券、グリーン券、寝台券、指定席券、乗車整理券、ライナー券

 

高崎線の上野から高崎までの距離を確認したトコロ。なんと!101.4kmでした。ギリギリですが100キロを超えています。

やたーっ!途中下車が適用出来る!!と思いました。

 

これなら以下の金額で乗れます。

  • 往路:上野から高崎 1,890円
  • 復路:高崎から上野 1,890円
  • 合計 3,790円

先ほどの金額よりも大幅に安い!

 

ですが、ダメでした。途中下車の例外として「大都市近郊区間のみの利用は除く」とあります。高崎から上野はすべて大都市近郊区間に属しています。

つまり途中下車は不可。この案はボツです。

 

青春18切符

当記事を投稿後、『青春18切符を使えば「休日お出かけパス」よりも安くなるよ!』とTwitterで教えて頂きました。

JR東日本のページから引用すると以下の通りです。

全国のJR線の普通列車が1回あたり2,300円で1日乗り放題です。1人で5回分または5人までのグループ利用ができます。

■取扱箇所■ お求め・お問い合わせは、JR東日本の主な駅のみどりの窓口、びゅうプラザ、提携販売センターおよび主な旅行会社、並びに全国のJRの主な駅のみどりの窓口・旅行センターへ。
(一部お取扱いしていない箇所もあります。)

■発売期間■ 夏:平成25年7月1日~平成25年8月31日

■有効期間■ 1日間(1回につき) ※5回分セット

■利用期間■ 夏:平成25年7月20日~平成25年9月10日

■設定区間・おねだん(円)■
旅客鉄道会社線全線 旅客鉄道会社線全線 大人 11,500円

 

果たしていくら!

青春18切符は5枚綴りで11,500円。5で割れば、2,300円。安い・・・!! 恐らくこの方法が一番安いようですね。

5枚あるので使いドコロが難しい。自分で5枚綴りを買うのもビミョーではあります。かと言ってスタンプラリーやってくれる人を4人も集めるのも難しいし・・・。

金券ショップで安く買えたならラッキー・・・ってトコロですかな。

 

大回り乗車

こちらもTwitterでご意見頂いた内容。大回り乗車してみては!とのコト。

大回り乗車については以下のサイトの記事を読んで下さい。

 

そう、とにかく!大回り乗車!!これは知ってました。倉賀野を経由して八高線に乗り中央線から新宿を回ってくれば湘南新宿ラインで帰ってこれる。

が、使えないのです。

スタンプラリーのスタンプは改札外にあるのです。大回り乗車は途中下車禁止なのです!

Twitterの教えてくれた曰く。近くのおばちゃんに押してもらったら!と。

でも、スタンプラリー24駅もあるのです。さすがに24回もおばちゃんに頼むのも気が引けますよね(;・∀・)

 

という訳で却下・・・。

 

大回り乗車久々に調べたら面白そうと思ってきた。スタンプラリーには使えないけれど・・、近々やってみたい。

 

 

休日お出かけパス

って事で本命!休日お出かけパスです。

JRのページから引用すると以下の通りです。

 

東京近郊の休日のおでかけに便利です!フリーエリア内の普通列車(快速含む)普通車自由席、東京臨海高速鉄道線(りんかい線)全線、東京モノレール線全線が乗り降り自由のきっぷです。

■取扱箇所■ お求め・お問い合わせは、フリーエリア内のJR東日本の主な駅のみどりの窓口、びゅうプラザ、提携販売センター及び主な旅行会社へ。(一部お取扱いしていない箇所もあります。)

■発売期間■ 通年

■有効期間■ 1日間

■利用期間■ 土休日および4月29日~5月5日、7月20日~8月31日、12月29日~1月3日の毎日

 

利用期間が限られていますが、スタンプラリー期間に該当しています。7月20日から利用可能ですね。

金額は2,600円です。

利用可能範囲は高崎線に限って言うと「上野〜神保原」までです。

神保原〜高崎まではどうするのか。個別に切符を買うことになります。

というワケで計算。

 

往復 上野〜神保原 2,600円   1日乗り放題

往路 神保原〜新町 180円

新町〜倉賀野 190円

倉賀野〜高崎 180円

復路 高崎〜神保原 230円

—————————–

合計         3,380円

 

なんと3パターンの中で一番安い!

しかも1日乗り放題切符の利用可能範囲には浦和スタンプラリーの各駅が含まれています。浦和スタンプラリーもこなせますね!!(時間的にこなせるか・・・は別問題ですが(;・∀・))

まとめ

ってなワケで高崎線130周年スタンプラリー「全駅スタンプコンプ」を実施するには「休日お出かけパス」がお得というお話でした!

定期券をお持ちの方はその区間分を差し引いてお得な買い方を探してみて下さい!

 

関連記事

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました