北本から都心に通勤してるなら二区間定期でお得になるか検討すべき

二区間定期?

二区間定期はお得な定期。普通に定期券を買うより安くなったり、同じ値段で行ける範囲が広がったりします。場合によっては安くなるのに行ける範囲が広がるなんてことも!北本から都心に通勤しているなら二区間定期でお得になるかも知れません。ぜひとも調べてみるべき!

IMG_3552_2

北本から都心への通勤者が二区間定期で捗る理由

  • 北本から都心まで距離があり定期代金も高額であるため分割時の割引効果が大きい
  • 都心が到着駅だと電車特定区間や山の手線内区間の恩恵を受けられる

二区間定期を買う前提

  • 6ヶ月で買うことです。6ヶ月で買うと1ヶ月定期を6回買うより20%安く買えます。6ヶ月で買うのが2区間定期で買う効果が最大限に出ます。
  • 定期券を自分で買っている(現物支給ではない)

実例(私の場合)

北本に引っ越してから二区間定期を買うようになりました。職場が2箇所あってどちらも2区間定期が適用可能でした。

  • 北本→五反田
  • 北本→品川(五反田駅も行きたい)

北本→五反田

普通に買う

ジョルダンさんで検索すると距離51.5km、金額6ヶ月130,190円となります。

二区間定期で買う

分割ポイントを池袋にします。

つまり・・・以下2つの区間を作ります。それぞれの距離・金額を見てみます。

北本→池袋  39.0km 93,750円

大塚→五反田 14.3km 27,220円

合計     53.3km 120,970円

二区間定期券のお得ポイント

(1)130,190−120,970=9,220円安く買える

(2)定期券で行ける範囲が広がる(大塚駅まで)

 

 

北本→品川

要件

(1)品川に加え五反田に行くこともあるので両方行けるようにしたい。

(2)品川は都心周り、副都心周りの2ルートがある。同じくらいの値段になるなら都心周りのルートで買いたい。アキバや銀座が好きなので・・・。

普通に買う

ジョルダンさんで検索すると距離53.5km、金額6ヶ月135,010円となります。

 

二区間定期で買う

分割ポイントを田端にします。

つまり・・・以下2つの区間を作ります。それぞれの距離・金額を見てみます。

北本→田端  39.6km 93,750円

駒込→目黒 14.9km 36,290円

合計     54.5km 130,040円

二区間定期券のお得ポイント

(1)135,010−130,040=4,970円安く買える

(2)定期券で行ける範囲が広がる(駒込ー田端、品川ー大崎ー五反田ー目黒)

※ (2)の副次的な効果として定期区間外に行く時の料金が安くなります(山手線の行ける駅がかなり増えているので)

分割地点の見つけ方

1.まるごと路線図を見ながら出発駅と到着駅の間にT字になる駅を探す

2.ジョルダンさんで2区間を検索(6ヶ月定期代と距離をメモる)

3.2区間の定期代を合算する

普通に買うより安ければOK。他にT字になる場所があればそれも計算。

4.2区間に対して、値段を変えずに距離を伸ばせないか確認する。

11km、16kmみたいに5の倍数を少し超えているだけの場合行ける駅が増える可能性大。11kmは15.0kmまで。16kmは20.0kmまで伸ばしても値段が一緒だから。

 

まるごと路線図

http://ekiworld.net/personal/app/rosen/

railwaymap

二区間定期の分割箇所

電車特定区間や山の手線内区間の駅を分割駅に使う。区間内の一駅にでもこれらの駅が含まれていれば区間全体が割引区間になります。

二区間定期の分割地点に使えそうな駅

北本から都心に行くならこの辺りの駅が分割に使えそうです。赤羽だけ違うけど他は山の手線駅のため山の手線内区間割引が利きます。

  • 池袋
  • 新宿
  • 代々木
  • 品川
  • 大崎
  • 東京
  • 秋葉原
  • 日暮里
  • 田端
  • 神田
  • 御茶ノ水
  • 赤羽

参考サイト

参考本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です