マンガでわかる北本のこれから「財政状況伝えるマン」が5分で読めておもしろい

コラム

「北本に愛着はある。長く住み続けたい」
「でも、北本市の将来って大丈夫なの?」
「たまに見る決算報告は無機質な数字ばかりで、さっぱりわからない」

そんな方にオススメしたいのが広報きたもと2016年11月号です。
11月号の特集は”決算報告”なんですよ。
「また小難しいことが書いてあるだけだろー」と思ってますよね。

とりあえず今月号の表紙を見てください。

ss_20161114_01_001-zaisei-jokyo-tsutaeru-man

なにをやってるんだ!北本市!
表紙がヤバければ中身もヤバイ。

中身はなんとマンガ形式。読み切り型で、10ページ5章構成の27コマ。すぐ読めそう。
試しに読んで見ませんか?

マンガなら読みやすい

小難しい話もマンガなら読んでみようという気になります。

どれも読みやすかったです。
マンガでわかる○○」 のとっつきやすさは大事。

さて、今回はなんでしたっけ。
マンガでわかる北本の財政状況」です。
(↑このサブタイトルは北本日記が勝手につけました)

マンガでわかる北本の財政状況

5章構成です。

  1. 財政状況伝えるマン参上!の巻
  2. 税金の行方を追え!の巻
  3. 聞きにくいことを聞く!の巻
  4. 向かい風にどう立ち向かう!?の巻
  5. 北本市の平和はみんなで守る!の巻

起承転結型のストーリー構成。王道でヒーローものにぴったりな展開になってます。
公民館に遊びに来た「北本桜子」の前に突然現れた「財政状況伝えるマン」の目的は・・・?
早速読んでみましょう。

財政状況伝えるマン参上!の巻

ss_20161114_01_002-zaisei-jokyo-tsutaeru-man

ss_20161114_01_003-zaisei-jokyo-tsutaeru-man

 税金の行方を追え!の巻

ss_20161114_01_004-zaisei-jokyo-tsutaeru-man

ss_20161114_01_005-zaisei-jokyo-tsutaeru-man

 聞きにくいことを聞く!の巻

ss_20161114_01_006-zaisei-jokyo-tsutaeru-man

ss_20161114_01_006-zaisei-jokyo-tsutaeru-man-2

ss_20161114_01_007-zaisei-jokyo-tsutaeru-man

向かい風にどう立ち向かう!?の巻

ss_20161114_01_008-zaisei-jokyo-tsutaeru-man

ss_20161114_01_009-zaisei-jokyo-tsutaeru-man

北本市の平和はみんなで守る!の巻

ss_20161114_01_010-zaisei-jokyo-tsutaeru-man

ss_20161114_01_011-zaisei-jokyo-tsutaeru-man

興味を持ったら、マンガ以外も読んでみませんか?

ということで
財政状況伝えるマン エピソード1は完結です。

文章だけで説明されるよりも北本市の財政状況に興味を持てたのではないでしょうか。

もっとちゃんと知りたいよ!という方、マンガ以外の部分も見てみませんか。

ざっくりこんな構成。
マンガを読んでからなら長文や表にも少しは興味が持てる気がしてきますね。

ss_20161114_01_002_003_2-zaisei-jokyo-tsutaeru-man

広報きたもと2016年11月号が自宅に転がっていればそれをご覧ください。
もうどっかいっちゃったよ!という人も大丈夫。北本市HPでも閲覧できます。

平成28年広報きたもと|北本市

 

伝えるマンラテでも飲みながら、広報きたもと読みませんか。

img_7434

おまけ:「伝えるマン」をもっと伝えるマン

img_6106-zaisei-jokyo-tsutaeru-man

先日、地域ブロガーの会に参加したときに、広報きたもとをついでに持っていきました。
表紙のインパクトもあってか、なかなかウケが良かったです。見せたい人にも届きました。
機会があればみなさんもぜひ、外部に積極的にPRしてみてはいかがでしょうか。

「伝えるマン」をもっと伝えるマン!

 

私も伝えるマンになりたいんだ!
なんて意欲的な人にはこちらをオススメしておきますね。

勇者ヨシヒコなみの低予算。
2,000円でヒーローになれる!

関連記事

北本市の財政状況報告は毎回工夫があり、前々回は財政課のお姉さん、前回はがま口キャラでした。

[kanren id=”12307″]

コメント

タイトルとURLをコピーしました