これが噂のベイクショップ クルのスコーン Hanakoに掲載

クッキーのおみせクル

三鷹に住んでいた頃は読んでたな。

吉祥寺特集されると雑誌片手にお店巡りしたもんです。

 

Hanakoは20代女性をターゲットにした首都圏情報雑誌。

 

Hanankoで特集されてるから行ってみようよ!

そんな東京生活を楽しんでいた時代もありました。。

 

でも今は北本暮らしを楽しむ身。

東京も良かったけど北本だって良いもんだ。

東京を離れて4年。Hanakoなんて小洒落た雑誌のことなど忘れ去っていました。

 

このツイートを見るまでは・・・

 

 

 

首都圏でも大人気 北本のクルがHanakoに掲載!

ある日突然しれっとツイート。

 

 

 

クルさんさすがっ!

クルさんすげぇっ!

 

クルは北本市に1店舗あるのみです。

でも都内でクルのお菓子を買うことができます。クルの味を気に入ったお店が自分のところで取り扱ってくれているからです。

 

そう。

クルは都内でも有名なのです。

Hanakoで取り上げられるのも必然ですね。

 

さて、今回のHanakoはどんな内容なのでしょう。

 

Hanako買ってみた

クルが登場。

と聞いて買わないわけにはいかないよね!

IMG_0289-hanako-cle

今回の特集は「これが噂のベイクショップ。」

焼き菓子とコーヒー、この美味しい時間!をテーマにたっぷり46ページ。さらっとじゃなくガッツリ。この大ボリュームな特集がHanakoの魅力ですねー。

 

近ごろ目立っているのが、ハンドドリップのコーヒー屋さん。カフェや立ち飲みなど、街の至る所で見かけます。その影響なのか、コーヒーに合うスイーツとして、パウンドケーキなどの焼き菓子を販売するベイクショップが注目です。夕方にはショーケースがからっぽという人気店も出現!! ベイクというこの新しいスイーツのジャンルを楽しむお店、ベイクショップで皆さんもおいしいコーヒーと共に楽しい時間を過ごしませんか?

 

そもそもベイクとは?

ベイクとは英語の”ベイクドグッズ”を指す和製英語で、<焼き菓子>のことです。

種類も豊富です。

  • Muffin(マフィン)
  • Granola(グラノーラ)
  • Weekend(ウィークエンド)
  • Coffee cake(コーヒーケーキ)
  • Layer cake(レイヤーケーキ)
  • Banana bread(バナナブレッド)
  • Corn bread(コーンブレッド)
  • Scone(スコーン)
  • Cake sale(ケーク・サレ)
  • Carrot cake(キャロットケーキ)
  • American Pie(アメリカン・パイ)
  • Brownie(ブラウニー)
  • Cookie(クッキー)
  • Lemon bar(レモンバー)

 

全部美味しそう!

美味しそうって思うのはHanakoのベイク図鑑の絵を見ているからですね。

美味しそうな絵や細かい説明はHanakoを読んでもらうとして・・・クルを探します。

 

クルをSCONEコーナーで発見

SCONE[スコーン]とは

発祥はイギリス、元は丸い小型パンを指した。今は全国で親しまれ、形もさまざま。

 

Hanakoには選ばれし8個のスコーンが大集合。

IMG_0295-hanako-cle

クルは「クッキーのクル」なんだからクッキーコーナーに載せて欲しかったなぁ。

ってお思いのあなた。

 

わかります。

 

でもクルはクッキーだけではないのです。

クッキーも美味いけど、スコーンも出来る。グラノーラも出来る。

なんでも美味いのです。

 

クッキーコーナーは譲るクル。

スコーンコーナーでセンターを取るクル。

 

なんでも出来るクルは北本の自慢です。

 

チームS(スコーン)

クルも大好きだけど、同期も気になるというあなた。

わかります。

 

私だって気になってしょうが無いです。

というわけでチームS(スコーン)の情報をまとめました。スコーン好きは巡ってみては。

No店名住所概要
1SHOZO COFFEE STORE(ショウゾウコーヒーストア)港区南青山3-13施設のリニューアルに伴い2014年5月に惜しまれつつ閉店した「SHOZO COFFEE STORE」が今年1月のリニューアル完了時に復活。ハンドドリップで丁寧に入れるコーヒーや素朴な焼き菓子がで、那須「SHOZO CAFE」の心地よさを都会に伝える。クランベリーホワイトチョコスコーン380円。
2MUSUI(ムスイ)東京都武蔵野区御殿山1-5-7早朝から深夜まで終日営業のベーカリーカフェ&レストラン。ランチは野菜中心のデリとパンが中心、夜はしっかり食事もバー使いもOK。マフィンやカントゥッチ、コーンブレッドなど様々な焼き菓子も用意。焙煎粗挽き全粒粉、ふすまを配合したスコーン(全粒)139円。
3DIAMOND CAKES(ダイアモンドケークス)神奈川県鎌倉市御成町8-41鎌倉のスコーン専門店。チーズやオリーブを練り込んだディッシュタイプとケーキタイプ、計10種以上のスコーンが店頭に並ぶ。テーマは「LOVE&SWEETS」! 北海道産の小麦粉で作る生地をダマスクローズのジャムを塗って焼き上げ、ストロベリーのアイシングで「M」を描き仕上げるマリーアントワネット525円。
4ザ シティベーカリー広尾渋谷区広尾5−24−12013年に世界初の海外出店先として日本に上陸し話題を呼んだNY発のベーカリー。現在、広尾、品川、大阪・梅田、福岡・天神にベーカリー&カフェやレストランバーを6店舗展開。スコーンやブラウニーなどの焼き菓子も人気。ドライチェリーの酸味と生クリームの風味が広がるチェリークリームスコーン270円。
5クル埼玉県北本市北本1−125都心から離れた場所ながら、スイーツ好きがわざわざ足を運ぶ人気店。店主の高田 由子さんがわざわざ良質な素材を選んで作るクッキーの焼き菓子には、シンプルで心がほっこりする表情がある。通販でも販売。生地に黒胡椒を利かせ、クリームチーズを合わせたこしょう&クリームチーズ175円。
6itonowa(イトノワ)台東区松が谷1-13-10合羽橋道具街にあるごはんとお茶と雑貨の店。オーナーの渋谷有美さんがセレクトしたシンプルで上質なものの心地よさを、さまざまな角度から提案する。2012年には雑貨と洋服の店「itonowa life」もオープン。ふんわりした食感でやさしい甘みのスコーンはどちらの店でも扱う。プレーンスコーン139円。
7菓子工房(ルスルス)台東区浅草3-31-7季節の焼きタルトや猫型のサブレ、鳥の形をしたクッキーなど常時25〜30種類の焼き菓子が並ぶ人気店。昨年からカフェ営業もスタートし、ますます話題に。自家製ゆずピールしょうがコンポートなど季節の食材を練り込んだスコーンはソフトクッキーのようなほくほく食感。ルスルススコーン500円。
8kiki(キキ): 器々板橋区板橋1-24-2丁寧に淹れたコーヒーや紅茶、中国茶などを年代ものの器で楽しめる骨董カフェ。ロールケーキやチーズケーキなどの、ドリンクと相性のよいスイーツとともに味わえる。スイーツは基本、テイクアウト不可だが、スコーンはOK。イギリスとの伝統的なレシピを参考にした古風なるスコーン150円。

 

東京コーヒーブック

ベイクを見てたら珈琲飲みたくなっちゃった。

って声にしっかりHanakoは応えます。

 

東京コーヒーブック「今行ってみたい東京のコーヒーショップ30件」が素晴らしい。

 

まず1ページ目からして「ブルーボトルコーヒーに行こう」です。

2015年2月に1号店がコーヒーの街・清澄白河にオープンしてから気になっている人も多いのでは。清澄白河店だけでなく、青山カフェ、代官山店の情報まで掲載。フードメニューの写真を見ているだけで、あ、ここ行きたいわって思うこと間違いなし。

 

次はオリジナルグッズ。

オリジナルカップ&ソーサー、スターターキット、オリジナル手ぬぐい。いずれにもブルーボトルのロゴが入っていて可愛らしい。形から入る私にもあなたにもピッタリですね。ただしいずれも高い。

 

さらにさらに、自宅で楽しむコーヒーツール、揃えたいですねぇ。

ドリッパー、ケトル、スプーン、フィルター、ミル、その他コダワリのグッズが並びます。

 

 

どっからどう見てもブルーボトルコーヒー全力協賛のコーヒーブックではありますが、充実した内容です。

ブルーボトルも行きたくなります。コーヒー好きなら読むべし。

 

※ サブタイトルだった「今行ってみたい東京のコーヒーショップ30件」について忘れてました。ブルーボトルでお腹いっぱいです。気が向いたら30店舗まとめます。

 

まとめ

クルが好きなら、今回のHanakoオススメですよ!

 

▼Hanako(ハナコ) こちらからでも買えます。

 

 

タイトルとURLをコピーしました