第59回 有馬記念(G1) テレビでまったり応援

北本日記アーカイブ(記録保存)

仕事納めの12月26日金曜日。

いつものようにJR有楽町駅から地下鉄に乗り換えようとしたらですね、配ってたんです。これ。

そっか、年末のイベントがまだ残ってました。もうすぐ有馬記念ですね(・∀・)

 

テレビ中継もやるって!

競馬場へは行けませんけど、自宅でゴールドシップ応援したいと思います!

(ゴールドシップくらいしか知らないニワカ・・・)

 

イベント情報

第59回有馬記念(G1)のイベント情報についてまとめました。

 

有馬記念とは

そもそも有馬記念とはなんなのか。

はてなキーワードの説明がわかりやすかったので拝借。

有馬記念【ありまきねん】

JRA重賞競走。

中山競馬場、芝2500メートル、サラ系3歳以上(国際)(指定)、斤量は定量、GIの条件。

1着賞金は2億円(2012年)。

日本中央競馬会理事長、有馬頼寧の発案で中山グランプリとして設立されたが、1957年氏の急逝によりその功績を称え第2回から有馬記念へと改称された。

出走馬は規定のファン投票により選出される。このシステムはプロ野球コミッショナー経験もある有馬理事長がオールスターゲームからヒントを得て始めたもので、宝塚記念と対となる冬のグランプリレースである。選出方法はフルゲート16頭のうちファン投票上位10頭に優先出走権が発生する。満たない分については過去一年間の獲得賞金などの実績から選出される。2000年よりジャパンカップに優勝した外国招待馬にも優先出走権が発生するようになった。

 

出走馬がファン投票で決まる・・・!これは競馬ファンにはたまりませんね・・!

 

有馬記念の出走馬はファン投票で決める!

というわけで、JRAで募集してたファン投票の内容は、こちら。

ファン投票
あなたが、第59回有馬記念に出走させたいと思うJRA所属の現役競走馬(3歳以上)を1~10頭まで選んで投票してください。

※有馬記念の第1回特別登録を行った馬の中から、得票数の多い上位10頭に優先出走権が与えられます。

第59回 有馬記念(GI)

2014年12月28日(日) 中山競馬場2,500m(芝)
出走馬資格:3歳以上
負担重量:3歳55kg 4歳以上57kg 牝馬2kg減
本賞:1着20,000万円/2着8,000万円/3着5,000万円/4着3,000万円/5着2,000万円

 

投票結果はこちら!

有馬記念ファン投票 最終結果発表!

有効投票件数  143,863件
有効投票総数  957,708票

 

得票数トップ10。1位のゴールドシップならわかります!にわかファンのワタクシでもわかりますぞ。一番人気に勝ってほしいなぁー(にわか発想)

 

順位 馬名 投票数 性年齢 調教師名

  • 1 ゴールドシップ 66,796 牡5 須貝 尚介
  • 2 ジェンティルドンナ 55,699 牝5 石坂 正
  • 3 ハープスター 54,954 牝3 松田 博資
  • 4 イスラボニータ 53,745 牡3 栗田 博憲
  • 5 ジャスタウェイ 52,324 牡5 須貝 尚介
  • 6 フェノーメノ 49,520 牡5 戸田 博文
  • 7 ワンアンドオンリー 45,418 牡3 橋口 弘次郎
  • 8 エピファネイア 41,854 牡4 角居 勝彦
  • 9 スピルバーグ 40,764 牡5 藤沢 和雄
  • 10 トーホウジャッカル 31,729 牡3 谷 潔

スケジュール

  • 第59回 有馬記念(G1)
  • 2015年12月28日(日)
  • 中山競馬場 第10レース

出走馬

  • トーセンラー
  • ヴィルシーナ
  • ワンアンドオンリー
  • ジェンティルドンナ
  • ラキシス
  • トゥザワールド
  • ラストインパクト
  • メイショウマンボ
  • ウインバリアシオン
  • フェノーメノ
  • サトノノブレス
  • デニムアンドルビー
  • エピファネイア
  • ゴールドシップ
  • ジャスタウェイ
  • オーシャンブルー

テレビ中継

JRAのページにテレビ中継情報が載ってました。

関東圏では以下の通り。

  • 日曜日 フジテレビ 15:00〜16:00

 

競馬場へ行けないみなさま、テレビで一緒に応援しましょう!!(*´∀`)

 

北本日記1号と競馬

ワタクシ競馬なんて全く興味なかったんですよ。

興味をもったのは2,3年前。H氏との出会いがきっかけでした。

H氏は仕事に対する情熱なんてカケラも持ってないヒトだった。言われたことを淡々とこなすタイプ。なんでもそうなのかなーって思ってた。でも、情熱的に話す場面があった。

それが、競馬だった。

H氏はただのギャンブラーとは違った。馬のことが本当に好きなのが伝わってきた。賭け事に対しても真剣で、賭けるべきとそうじゃないときを、理屈づけて説明してくれた。

競馬に興味が湧いたのは、このときでした。

競馬マンガ:ウィナーズサークルへようこそ

とりあえずマンガから入ろうと思って、探したらありましたヨ。

 

このマンガ、オモシロイです!

ライアーゲームでお馴染みの甲斐谷忍さんによる競馬をテーマにしたマンガ。レースの種類や馬券の買い方、儲けるための馬券の買い方がよくわかります。

 

実践いつするか。

そろそろ買ってみようかなーと思ってはや半年。来年こそは。

 

▼ウィナーズサークルへようこそ 1〜6巻

 

北本日記、来年は競馬場へ!!

競馬への興味は以下2つ。

・被写体として撮るのが楽しそう
・統計学を駆使して有力馬を見つけることが出来るのか
(株のシステムトレードみたいですね)

【有馬記念】統計学を駆使して“有力馬”を解く

 

写真好きの1号としては馬の写真を撮ってみたい。そのためにはレース会場まで行かないと。これは来年やりたい。

統計学はオモシロそう。でも自分でやるには膨大な時間と統計知識が必要。無理!

 

賭け事としてではなく、競走馬の応援として来年は競馬場に行ってみたいなー。

 

関連リンク

 

Posted from するぷろ for iOS.

タイトルとURLをコピーしました