「サイボクハム 完全攻略ガイド」おすすめメニューや混雑時間帯を教えちゃいます!

さくら(北本日記2号)
この記事は「 」が書きました

埼玉県日高市にある豚のテーマパーク「サイボクハム」をご紹介します。

オープン当初からサイボクへ通い詰める北本日記が、サイボクを120%楽しむ方法を伝授!

サイボクハムに行く前にぜひ読んでほしい、サイボク完全攻略ガイドです(・∀・)

サイボクハムとは?

IMG_3044-saiboku

「埼玉種畜牧場」略してサイボク。

カンタンに言うと

敷地内にある加工工場で作られたお肉・ハム・ソーセージが直売で買えるお肉屋さん…なのですが。

それだけではなく、レストランやアスレチック、温泉など、いろんな施設が完備され、一日楽しめるテーマパーク型複合施設となっています。

入場料・駐車場ともに無料

家族連れにもおすすめ、埼玉が誇る人気のおでかけスポットなのです。

最近はよくテレビでも取り上げられてますね。カンブリア宮殿やケンミンショーなどなど…

さくらは昔から両親に連れられてよく行ってたサイボクファンでして、ここ最近の人気っぷりは嬉しい限りです(*´∀`*)

サイボクハムへのアクセス

場所は埼玉県日高市。国道261号線沿いで、お隣の狭山市と日高市の境目くらいに位置します。

圏央道・狭山日高IC鶴ヶ島ICから近く、駐車場は無料で900台完備!車でのアクセスが良くて嬉しい。

IMG_3047-saiboku

台数が多いので、停められないことはめったにありませんが、年末年始などの混雑時は少し待って入庫の場合もあります。午前中に到着するとスムーズ。

img_8991-saiboku-201612

バスも出ています。

  • 鶴ヶ島駅
  • 笠幡駅
  • 狭山市駅

からそれぞれ運行中。「サイボクハム」行きの終点です。

img_0169-saiboku-201612

サイボクハムへのアクセス、バス時刻表、駐車場情報について詳しくはこちら。

アクセスガイド/電車、バス、車についてまとめました (サイボクハム)

2017.01.08

サイボクハム施設一覧

img_1627-saiboku-201612

サイボクハムの広い敷地の中には、レストランやミートショップ、温泉など、いろんな施設があります。

園内マップの案内をみてみると…なんと18個も!

  • ミートショップ
  • 楽農ひろば
  • レストラン
  • お米屋さん
  • フルーツの店
  • 狭山茶の店
  • カフェテリア
  • キッチン
  • レストラン花鳥風月
  • 天然温泉
  • 陶芸教室
  • パークゴルフ場
  • やすらぎ広場
  • トントンハウス
  • アスレチック
  • ハム・ソーセージ工場
  • ミートピアハウス
  • 源泉地
img_1627-saiboku-201612-6 img_1627-saiboku-201612-7

アスレチックや、豚が放し飼いされているトントンハウスなど、子供も楽しめる施設がたくさんあり、家族で一日遊べます。

まさに豚のテーマパーク

「食べる」「遊ぶ」「買う」の3ジャンルに分けて、おすすめポイントともにご紹介しますヽ(=´▽`=)ノ

食べる

キッチン&カフェテリア

サイボクの美味しい豚グルメが気軽に楽しめるフードコート。

網焼きやフランクフルト、もつ煮、ハンバーガーなど、こだわりの豚肉を使ったメニューが盛りだくさんですヨ。

我が家はいつも、着いたらまずここで腹ごしらえします(๑´ڡ`๑)

img_1618-saiboku-201612

メニューのジャンルごとにお店の窓口が分かれてます。いろいろ食べたい場合は手分けして買うと良いかも。

img_0223-saiboku-201612

外のテーブルの他に、2階部分も 客席として開放されています。雨の日は屋内で!

IMG_3017-saiboku img_0233-saiboku-201612

詳しいメニューや食レポ、おすすめフードなどはこちらの記事をどうぞ!

食べるべき豚肉グルメ厳選4品!(サイボクフードコート)

2017.01.09

メニューまとめ(サイボクフードコート)

2017.01.09

 

レストランサイボク

サイボクグルメをゆったり楽しみたい!って時はこちら。フルサービスの「レストランサイボク」がおすすめ。

img_1626-saiboku-201612

店内が「バーベキューエリア」と「洋食エリア」の二つに分かれており、バーベキューエリアでは屋内でバーベキューが楽しめます。

▼こちらは洋食エリアの様子。

IMG_7477-saiboku-restraunt

SGP(スーパーゴールデンポーク)を使った厚切りとんかつはここでしか食べられない\(^o^)/

IMG_7490-saiboku-restraunt IMG_1434-saiboku-restraunt

レストランの詳細、食レポはこちらの記事をどうぞ。

レストランサイボクでランチ!厚切りとんかつランチ食べてみた!

2014.07.27

レストランサイボク「メニューまとめ」

2014.07.27

 

遊ぶ

トントンハウス

放し飼いにされた豚さんに会える「トントンハウス」。3匹の子ブタがお出迎えしてくれます。

img_1636-saiboku-201612 img_0199-saiboku-201612 img_0201-saiboku-201612

めっちゃ近くまで寄れますよー。子供も大喜び。

img_0208-saiboku-201612

ブタのしっぽ、激写!くるりーん。

img_0204-saiboku-201612

ブタさんをぼーっと眺めていると、日々の雑念が吹っ飛ぶ…気がします。

アスレチック

トントンハウスの隣りにあるアスレチック。子供専用です。滑り台もついててなかなか本格派!

img_0216-saiboku-201612 img_1632-saiboku-201612

顔ハメパネル

園内のいたるところにある顔はめパネル。なかなかシュールな絵が撮れると(個人的に)話題です。

img_8999-saiboku-201612 img_8993-saiboku-201612 img_9003-saiboku-201612 img_9005-saiboku-201612

天然温泉 花鳥風月

サイボク併設の日帰り温泉施設。天然温泉で、酸素ルームや高濃度炭酸湯もある充実っぷり。

img_1587-saiboku-201612

入館料はこちら。大人は平日1000円、土日祝1200円。

img_1589-saiboku-201612

館内にあるレストランやお土産売り場は、入館料なしで利用OKです。

img_1590-saiboku-201612

広くてすごく良さそうな温泉なんですが・・・実はまだ行ったことないんです\(^o^)/

いつも肉エリアだけで満足しちゃうので、温泉まではなかなか。(つまり温泉なしでも十分楽しめるってコト!)

今度帰りにひとっ風呂浴びてみます。

ゴルフ場・陶芸教室は2017年5月で閉鎖

その他、パークゴルフ場や陶芸教室などもあります。

この二つは、2017年5月いっぱいで閉場してしまうとのこと。(公式HPのお知らせより)

「新工場建設に伴い」だそうで、残念ですが跡地の変化に期待したいですね!

ゴルフ・陶芸を楽しみたい方はお早めに♪

買う

本店ミートショップ

ここに行かなきゃサイボク行った意味がない!

銘柄豚「ゴールデンポーク」「スーパーゴールデンポーク」のお肉や、ハム、ソーセージなどが買えるミートショップです。

店内撮影NGなので外観と買ったモノをご紹介。

店内はというと、「肉売り場が8割を占めるスーパーマーケット」を想像していただけると。

焼きたてのパン屋さん併設、調味料や加工品も少し売っています。試食もあって楽しい(^◇^)

img_8995-saiboku-201612

ちょっとお高いけど激ウマな「SGP(スーパーゴールデンポーク)」せっかく行ったならこれは買いです。

img_0270-saiboku-201612

ウインナーもいろんな種類があってどれも美味しい。

img_0268-saiboku-201612

お正月はお得な福袋販売してます。(2017年福袋情報はこちら。)

img_1624-saiboku-201612

サイボクミートショップでは何を買うべきか。

北本日記のおすすめ商品はこちらにまとめました♪

これは買い!ミートショップおすすめ厳選7品+サイボクおすすめギフトはこれだ!

2017.01.10

 

楽農ひろば

肉だけじゃなく、野菜も買えます。地元の農産物直売所「楽農ひろば」。ここの野菜は安くて質が良くておすすめですよー!さすが直売。

img_1602-saiboku-201612

ミートショップで肉買って、ここで野菜買って、その日の夕食の買い物がサイボク内で済んじゃうのスバラシイ。

野菜売り場の隣には果物屋さんやお茶屋さん、お米屋さんもあります。なんでも揃う!

img_1605-saiboku-201612 img_0181-saiboku-201612

年末のごちそう買い出しにピッタリなので、我が家は毎年12月30日頃サイボクに来ます。年末サイボク、いいぞヽ(=´▽`=)ノ

サイボク園内特別ガイドツアー

サイボクハムの魅力を無料でガイドしてくれる「園内ガイドツアー」が毎日開催されています。

▼公式HPより抜粋

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-09-23-03-11

予約不要なのが嬉しい。サイボク初訪問の人はこの時間に合わせて行ってみると良いですね♪

おすすめの巡り方

北本日記のいつもの巡り方は

食べる→遊ぶ→買う の順です。

駐車場が混まないお昼前(11時頃)に到着、

フードコートもしくはレストランで腹ごしらえをしてから

トントンハウスでブタさんを眺めたり、広場でのんびりしたり、しばし園内を散策。最後にお買い物です(*´∀`*)

フードコートとレストランは行列のピーク、12時半〜15時を避けて、早めに行くのが◎。

 

買い物はまずミートショップで肉系を買ってから野菜売り場へ行くといいですよ。

ミートショップの店内は混雑してるので、野菜をたくさん買った後だと動きづらいのです(^o^;)

あと、メインの肉を買ってから「今夜はしゃぶしゃぶにしよう!」とメニューを決めて野菜を選ぶとスムーズ、という理由もあり。

 

ミートショップで買い物をすると保冷用の氷玉が貰えます。

車にクーラーボックスを積んでいけば、夏場でも肉が傷む心配なし。ぜひぜひクーラーボックス持参で!

 

夕方早めに引き上げて、晩ごはんはおうちで、買ったばかりのゴールデンポークで豚肉料理♪

個人的には「家で肉を食べるまでがサイボクです!」と思っている。(家に帰るまでが遠足です、風に

お出かけで疲れててもカンタンにできる、豚しゃぶや鉄板焼きがおすすめメニューです。

▼生姜焼きとハムステーキのコンビ、なんてのも良いぞ。

IMG_3772-saiboku

以上、埼玉が誇る豚のテーマパーク「サイボクハム」の楽しみ方ガイドでした。

あなたも一緒に、LOVE&PORK★

 

ちなみに…別記事で詳しく書きましたが

さくらがサイボクで一番好きなのは「あらびきウインナー」です。サイボク特製マスタードを付けて食べると最高。

サイボクハムの基本情報

名称 埼玉種畜牧場 サイボクハム(サイタマシュチクボクジョウ サイボクハム)
住所 埼玉県日高市下大谷沢546
アクセス
  • 【クルマ】圏央道「狭山日高IC」から車で5分
  • 【電車】東武東上線「鶴ヶ島駅」西口下車 東武バス「サイボクハム」行き終点
  • 【電車】JR川越線「笠幡駅」下車 東武バス「サイボクハム」行き終点
  • 【電車】西武新宿線「狭山市駅」西口下車 西武バス「サイボクハム」行き終点
電話番号 042-989-2221
営業時間
  • 館内施設による(本店ミートショップは平日9:00~18:30、土日祝8:45~18:30)
定休日 水曜(祝日・7月・12月は営業、1/1元日・1/2は休業)
料金 入場無料
駐車場 あり(900台)
公式情報

 

あわせて読みたいサイボクハムのおすすめ記事

レストランサイボクでランチ!厚切りとんかつランチ食べてみた!

2014.07.27

食べるべき豚肉グルメ厳選4品!(サイボクフードコート)

2017.01.09

メニューまとめ(サイボクフードコート)

2017.01.09

これは買い!ミートショップおすすめ厳選7品+サイボクおすすめギフトはこれだ!

2017.01.10

アクセスガイド/電車、バス、車についてまとめました (サイボクハム)

2017.01.08

サイボクハム周辺のホテル

◆クルマで18分(8.4km)

◆クルマで24分(14.0km)

◆クルマで17分(6.9km)


(姉妹サイトのご紹介)
北本日記ではこんなサイトも運営しています。
ご興味ありましたらぜひご覧ください。

星乃珈琲だいすきクラブ
サブウェイ大好きクラブ
   

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です