ノートPC(Macbook)を母艦にしたディスク容量拡張方法調べてみた(2015)

北本日記アーカイブ(記録保存)

そろそろ対策しないと本当にヤバイ。

 

Macbookの空き容量があとわずかとなってしまいました。

容量を使っている犯人はわかっています。大量の写真です。時系列にどんどんと溜まっていきます。どうしよう。

 

A.写真を消して容量確保

B.容量拡張

 

Bに決まってますよね。

というわけで、2015年7月現在のディスク容量の拡張方法について調べてみました。

IMG_3827-macbook-disk

空き容量がヤバイ

いまのディスク使用量がこちら。

macbook-disk

ヤバイ、ヤバすぎる。どうにかしなければ。

現状

まずは現状についてです。

母艦PC

いま使っているPCはこれです。

 

MacBook Pro (15-inch, Mid 2012)

MacBook Pro (15-inch, Mid 2012) - 技術仕様 (日本)

 

ストレージはハイブリッドHDDに換装しています。1TB。速くて便利です。

Seagate Laptop SSHD 2.5inch SATA 6Gb/s NCQ 1TB 64MB 5400rpm SSD ( 8GB MLC ) + HDDハイブリッド ( 9.5mm ) ST1000LM014

外部HDD

外部HDDは数台あります。

ただしいずれもクラッシュを乗り越えてきたご老体ばかり。あんまりアテにはできません。

とは言えこれらのHDDにもデータが含まれています。容量は全部で2,380GB。HDDを新調するなら一緒に新しいHDDに引っ越しさせてあげたいところです。

メーカー種別容量
TOSHIBA2.5inch320GB
WD2.5inch500GB
TOSHIBA2.5inch60GB
HITACHI2.5inch1000GB
WD外付け(3.5inch)500GB
合計2380GB

ウェスタンデジタル 500GB 外付型

IMG_3823-macbook-disk

各種2.5inchのハードディスク。過去のノートPCで換装したものたちです。 どうやって使っているかというと

IMG_3827-macbook-disk

ハードディスクケースを使っています。これは2.5インチ用。USB3.0で接続できるので速度も速い。 電源不要なのも便利。

IMG_3825-macbook-disk

ケースもついてます。

IMG_3826-macbook-disk

 

 

前提条件

まずは調査の前提条件をハッキリさせておきます。

前提条件は「母艦PCのための対応」です。

うちには母艦PC以外に複数台PCがあります(自分のサブPCと家族のノートPC)。ファイルサーバやネットワークHDDがあれば快適で捗ることでしょう。しかし今回の目的はMacbook母艦の緊急対応です。範囲を広げると調査も大変だし比較検討もタイヘンになります。ということで、夢広がる気持ちは抑えて、母艦PCのために必要なディスクを探すことにします。

 

ディスク容量拡張の方針決め

まずはディスク容量拡張の方針決めです。拡張方法は2つです。

 

A.内蔵ディスクのサイズアップ

B.外付けHDDのサイズアップ、外付けHDDの追加

 

まずは案Aから検討してみます。

せっかくどこにでも持ち運べるノートPC。出来る限り多くのデータを詰め込んでおきたいじゃないですか。拡張するならやっぱりハイブリッドHDDにしたい。

だって一度ハイブリッドHDDの速さを体験したら、普通のHDDには戻れません。かと言ってSSDはやっぱり高い。やっぱりボクにはハイブリッドHDDしかないよっ!

さてハイブリッドHDDっていまどれくらいの容量があるんでしょう?

 

ノート型 ハイブリッドHDD 1TBまでしか無かった

カカクコムで調べてみました。

 

ハイブリッドHDDのハードディスク・HDD(2.5インチ) 製品一覧

価格.com - ハイブリッドHDD (SSHD)のハードディスク・HDD(2.5インチ) 比較 2022年人気売れ筋ランキング
ハイブリッドHDD (SSHD)のハードディスク・HDD(2.5インチ)製品一覧 人気売れ筋ランキングの高い順!たくさんの製品の中から、価格やスペック、ランキング、満足度など、さまざまな条件を指定して自分にピッタリの製品を簡単に探し出すことができます。

 

対象件数6件。

マジカッ(;・∀・)

 

6件しかなくてもいいや。。

なんかいいのあるだろ。と思いきや、これを見るのです。

メーカー型番最安価格容量
東芝MQ02ABD100H¥9,7301TB
東芝MQ02ABF050H¥7,846500GB
IODATAHDN-H1.0¥15,1711TB
WESTERN DIGITALWD1001X06XDTL¥26,4121TB
SEAGATEST100LM014¥9,4501TB
SEAGATEST500LM000¥7,850500GB

なんということでしょう。。

6件中2件は500GB。残り4件も1GB止まりです。ハイブリッドHDDはHDDとSSDのいいとこ取り。ニッチな製品とは言え容量がアップしていくと思っていました。しかし製品数の少なさ、1GB止まりなあたりを見るとこれ以上の発展性はなさそうです。ハイブリッドHDDでの容量アップは諦めることにします。

 

とは言っても、内蔵のディスクを普通のHDDに戻す気は無い

参考までにノート向け普通のハードディスクを見てみます。

http://kakaku.com/pc/hdd-25inch/itemlist.aspx?pdf_Spec301=1000-

メーカー型番最安価格容量
サムスンST2000LM003¥13,1872TB
東芝MQ01ABB200¥11,6882TB
WESTERN DIGITALWD20NPVX¥17,7982TB

2TBのディスクは3件ありました。いや、3件しか無いと言ったほうが正しいか。少ないですね。ノート型PCに大容量を求めるのは間違っているかもしれません。

 

AppleはFusionDriveというハイブリッドHDDに似た製品をデスクトップ機のiMacには投入しています。でもMacbookには使っていません。SSD一筋です。HDDを搭載したMacbookが一機種だけありますが、いずれこれも無くなってSSDで固めるに違いありません。

 

ノート型PCはSSDで軽やかに。全部を持たない。必要な物だけに絞る。って使い方にすべきなんでしょうね。

中途半端に2TBのHDDに変更するよりも、いまのハイブリッドHDDの1GBで収まる運用にしたほうが良さそうです。

 

心は決まりました。外付けHDDにします。

(続きます)

タイトルとURLをコピーしました