【伊丹】「どらやき キツネイロ」へ行ってきた!

この記事を書いた人
さくら(北本日記2号)
さくら(北本日記2号)

主に食レポ記事担当。 美味しいモノがないと生きていけない。料理、お菓子作り、珈琲、紅茶好き。
スイーツ紅茶会講師
日本全国のおみやげデータベース「OMIYA!」ライター。

兵庫県伊丹のどらやき専門店「キツネイロ」へ行ってきました。

日曜の朝に行ったら大行列!でもなんとかどらやき全種類購入することができましたー\(^o^)/

待ち時間&売り切れ情報や食べてみた感想などをまとめます。

キツネイロとは

どらやき キツネイロ」は、2017年11月にオープンしたどらやき専門店。場所は兵庫県、伊丹駅の近くです。

大阪・豊中の人気店「森のおはぎ」で働いていた方が始めたお店だそうで、森のおはぎのお菓子も合わせて販売してました。

キツネイロの待ち時間は?

オープンして1ヶ月ほどたった日曜日に行ってみました。人気だとは聞いていたのですが、まぁ開店時間に着けば余裕だろ…と、10時ちょっと過ぎに着いたらすでに長蛇の列!!

お客さんが5、6人入ればいっぱいになってしまうほどの小さな店内。ひとりでたくさん買う方が多いので、行列の流れがかなり悪いです。結局入店までに1時間ほど待ちました…(^o^;)

みんな開店時間を目指して来ているようで、10時少し過ぎたころが一番行列が長く、その後は短くなってましたよ。(一番待つときに並んじゃったぜ…

そんなわけで特に土日祝は、開店時間の少し前、9時40分くらいにはお店に着くことをオススメします!

売り切れに注意、午前中に行くべし!

私がお店に入った時(11時ごろ)は、どら焼きの品切れはありませんでした。ですが、森のおはぎの商品が一部売り切れてました。(おはぎはあったけど、わらびもちや木の実のおこしが売り切れ)

12時を過ぎるあたりから、どら焼きも売り切れが出始めるとの情報が。確実に買いたいなら、朝一で行くのが安心ですね。

店内の様子

店内はショーケースに見本のどら焼きやおはぎが入っています。どら焼きは6種類あり、1個から購入可能。”森のおはぎ”のおはぎはバラ販売はなく、3個セットが2タイプ。両方買えば計6種類が味わえます。

ショーケースの前まで行くとすぐに注文を聞かれるので、ホームページで予習して注文を決めていく方がいいですよ♪

ちなみに私が行った時は購入の個数制限などはありませんでした

キツネイロで購入できるもの一覧

  • あんこどらやき(北海小豆あんをしっとり生地で) 160円
  • 木苺バターどらやき(木苺寒とバターあん、小豆あんを竹炭生地で) 240円
  • レモンどらやき(レモン寒と小豆あんを黒糖生地で) 180円
  • 抹茶バターどらやき(抹茶バターあんと小豆あんを抹茶生地で) 210円
  • 他、季節のどらやき2種
  • 森のおはぎ3個セットA
  • 森のおはぎ3個セットB
  • 木の実のおこし
  • 深煎りきなこのやわらかわらびもち
  • 抹茶きなこのほろ苦わらびもち
  • ねじねじかりんと
  • あんずとくるみの最中(たまにあるらしい)

森のおはぎも豊中に行かずとも買えるのが嬉しいですね。セットの中身はおそらく季節によって変わります。

▼私が買った時はこんな感じでした。

なお現時点では、「森のおはぎ」「キツネイロ」ともにオンラインショップなどの通販は行っていないようです。

森のおはぎについては、別記事もどうぞ。

【大阪・豊中】森のおはぎを食べてみた!

 キツネイロのどらやきを食べてみた!

全種類買ったんですけども。。先に食べちゃったりして写真が2種類しかないヽ(=´▽`=)ノ

こちらは抹茶バターあん&小豆あんに抹茶生地。

鮮やかなグリーンの生地に小豆がはみ出してて、見た目ふつうの抹茶どらやきですが…

中にはバター風味の抹茶あんが。バターのコクと抹茶の渋みがマッチして新しい味でした。生地は甘さ控えめでやや弾力のあるしっとりタイプ。

こちらは季節限定、渋皮栗&バター&小豆あんにプレーンの生地。

普通のどら焼きより皮が黄色いんです。材料に「かぼちゃ粉末」ってあったからその色かな?

切ってみると、渋皮栗がまるごとどーん。白いのはバターです。バターが入ることによって一気に洋風になり、濃厚な味わいに。カロリー高そう…と思いながらペロリといただきました(๑´ڡ`๑)

キツネイロのどら焼きは一般的なサイズより一回り小ぶり。それがまた上品でいいですね。

写真ないですが、レモン寒天が入ったやつがめっちゃ美味しかったです。どら焼きにレモン!斬新すぎやろ。と思いきや、意外と合うんです。爽やかな香りで、紅茶にも合いそう。

キツネイロへのアクセス

キツネイロの場所は、JR伊丹駅西口から徒歩2分。阪急伊丹駅からだと徒歩8分ほどです。

キツネの暖簾が目印!

キツネイロ・森のおはぎのことをもっと知りたいなら…

ワタクシさくらがライターをしている手みやげ紹介サイト「OMIYA!」で、キツネイロのどら焼きや森のおはぎについて詳しく書かれています。

大阪在住のライター、奥戸サオリさんによる、種類別のどら焼き&おはぎ食レポや、「森のおはぎ」店舗インタビューなどなど。充実の内容になってますので、合わせて読んでみてください(*´∀`*)

キツネイロどらやきレポ

森のおはぎインタビュー

店舗情報

関連記事

【大阪・豊中】森のおはぎを食べてみた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です