【アド街/富岡】7月23日放送のアド街は富岡市の特集!富岡製糸場や群馬サファリも登場!

この記事を書いた人
うさ吉(北本日記1号)
うさ吉(北本日記1号)
完全なる雑用係

最近は「薄い本作り」ブーム来てます。

来たる7月22日(土)のアド街の出没地は群馬甘楽・富岡。

私、うさ吉の故郷である「群馬県の富岡市」が特集されます。

きっと富岡製糸場や群馬サファリパークも出る…はず。

わたしの故郷富岡市。いいところですよ。ぜひ見てください(ゴリ押し)

アド街 群馬 甘楽・富岡 詳細

出没!アド街ック天国 〜群馬 甘楽・富岡〜

放送日:2017年7月22日(土) 21時00分~21時54分(テレビ東京系列)

今回のアド街は、「群馬 甘楽・富岡」に出没します。 見どころは、富岡製糸場だけではありません。野生の王国 群馬サファリパークに、巨大な恐竜たちに出会える自然史博物館、さらに大行列スポットの「こんにゃくパーク」もあります。さらにホルモン揚げに、名物タレカツ丼などローカルフードも衝撃的。群馬の甘楽・富岡なら、一味違った夏休みが過ごせます!

ゲスト

  • 岡田浩暉
  • 井森美幸
  • JOY

歌手で俳優としても活躍する岡田浩暉さんは群馬県太田市出身。2012年からぐんま大使。

ケンミンショーでもお馴染み、群馬といえばこの人!な井森美幸さん。上信電鉄終点の甘楽郡下仁田町の出身。2008年からぐんま大使。

ファッションモデル、タレントとして活躍するJOYはイギリス人と日本人のハーフ。本名はジョゼフ・グリーンウッド。群馬県高崎市出身。

JOYはさくら(北本日記2号)さんの実家のすぐ近くに住んでいて小さいときは一緒に遊んだこともあったとか。ということもあってテレビに出ているのを見ると応援したくなります。今回どんな風に甘楽・富岡を紹介してくれるのか楽しみです。

アド街 甘楽・富岡、どこが出る?

前回の次週予告の内容をすっかり忘れてしまったのでイチから予想してみます。

番組内容に記載済みの内容含め、ここは出るんじゃなかろうか、出て欲しいというところを並べてみました。

  • 富岡製糸場
  • 群馬サファリパーク
  • 貫前神社
  • 富岡日記
  • 上毛かるた「に」
  • 映画「紅い襷~富岡製糸場物語~」
  • 富岡名物「ホルモン揚げ」
  • 工女姿で富岡の町歩き
  • 富岡シルクレディ
  • 丹生湖のひまわり畑
  • 群馬県立自然史博物館
  • 妙義山
  • お蚕様
  • 上州富岡駅(上信電鉄)
  • 下仁田駅(上信電鉄)
  • 荒船風穴
  • こんにゃくパーク
  • 城下町小幡
  • こいのぼりの里
  • 道の駅 甘楽
  • 甘楽PA

 

MEMO
ここから先に出てくる写真は富岡市観光ホームページ「しるくるとみおか」のフリー素材を使っています。いいなぁ!きれいだなぁ!と思ったらぜひこちらのサイトもチェックしてみてください。

しるくるとみおか – 富岡市観光ホームページ –

 

【富岡製糸場】

富岡製糸場 表門 富岡製糸場 錦糸所内部

2014年、世界遺産に登録。
明治に5年建設された日本で最初の官営模範製糸場です。
群馬県の郷土かるた「上毛かるた」でも『日本で最初の富岡製糸』とうたわれています。

群馬県を舞台にしたマンガ「お前はまだグンマを知らない」の1巻と2巻にも登場。

マンガ「お前はまだグンマを知らない」 1巻、2巻には富岡製糸場のお話も収録

同作品では、長野県から富岡製糸場にやってきた横田英さん達のエピソードが語られています。彼女たち10代の瑞々しい目線で当時の生活を綴った「富岡日記」は読めばみんなが萌え死ぬと評判。富岡製糸場に興味を持った人はこの機会にぜひ読んでみては。

富岡製糸場

 

【工女姿で富岡の町歩き】

工女の服装でまちなか歩き

富岡市はボロい街。
暮らしていたときはボロい街…と思ってました。

でもいまなら違った視点で見られます。

富岡製糸場を中心に据える富岡市はどこを見てもむかしの情緒を残す街。そんな街にはレトロな袴姿がよく似合います。

矢絣(やがすり)柄の袴。
工女の服装だったそうですよ。

富岡市ではこのレトロな袴をレンタルすることができるんです。
着付け代込みで3,000円。

富岡市の街並みが気に入ったヒト。
レトロなものが好きなヒト。

富岡市を楽しく散策してみませんか。

工女の服装でまちなか歩き | しるくるとみおか – 富岡市観光ページ – 

 

【上州富岡駅】

私の青春高校時代は上信電鉄とともにありました。

中学校までは富岡市内に通っていたけど高校は高崎の学校でした。高崎に出るため上信電鉄に乗っていたのです。

ボロい、単線、多くて3両編成、少なきゃ1両編成、揺れるし高い。なんでこんな電車しか無いんだろうと思いつつほかにないんだからしょうが無い。高崎に行くための交通手段として使い続けた思い出の電車。台風で甘楽町の橋が流されて、復旧するまで振替バスで通ったこともあったっけ。

上州富岡駅は私の最寄り駅。
ここも例に漏れずボロかった。

富岡製糸場が世界遺産に登録される…までは。

電車で来る観光客もいるのにボロい駅でお出迎えはよろしくない。
ということで富岡駅は急ピッチでリニューアル。むちゃくちゃキレイになりました。
近代的なデザインでカッコイイです。

【群馬サファリパーク】

群馬サファリパークの入園ゲート 群馬サファリパークのトラ混合展示

サファリと言えば富士サファリパークが有名。

ですが、群馬県民にとってサファリと言えば群馬サファリパークです。

富岡市で育った私にとって動物園と言えばここ!でした。

餌やり体験バス、夕方や夜になってからの見学、鳥とトレーナーのパフォーマンス「フライングショー」などを楽しめます。

珍しいホワイトタイガーも飼育しているんですよ。
ホワイトタイガーのいる動物園は関東では東武動物公園(埼玉県)とここ群馬サファリパーク(群馬県)だけです。
ホワイトタイガーに会いたくなったら群馬サファリパークに来てね!

 

けもフレコラボも開催されるということで、ぐんまちほー出身者としては嬉しい限り。
けもフレが好きなフレンズもぜひ群サファに遊びに来てね!

▶ 目的地は“ぐんまちほー” 「けものフレンズ」がサファリパークを探検するバスツアー開催、声優によるイベントも

 

【貫前神社】

貫前神社

富岡市内にある神社。
年末年始のお参り「二年参り」でいつも行ってました。

正確な名前は「一之宮貫前神社(いちのみやぬきさきじんじゃ)」。
上野国の一宮(旧国地域で最も格式の高い神社)で地域全体の守護神です。

●ご利益:邪心を祓う、災難除け。地域の守護・縁結び。

●ご祭神
・経津主神(ふつぬしのかみ)
…刀剣(布都御魂剣)の威力を神格化した武神、強力な破邪の神、物部氏の祖神
・姫大神(ひめおおかみ)…当地方の養蚕の神

パワースポットでもあります。
富岡製糸場からも近くクルマで10分ほど。
近くに起こしの際はお参りしてみてはいかがでしょうか。

 

【丹生湖のひまわり畑】

丹生湖のひまわり畑

丹生湖は富岡市民にとって身近な湖。

ヘラブナやワカサギがよく釣れる場所でメッカと呼ばれています。

周りは山に囲まれています。
湖と山と空。それしかないんだけどそれだけで十分。解放的に慣れてとても気持ちいい場所です。

そんな丹生湖の湖畔には小高い丘があります。咲き誇る11万本のひまわり。7月下旬から8月初旬まで楽しむことが出来ますよ。空が広いから、ほかになんにもないから、ひまわりが主役になれます。

撮影好きの方にはぜひこのひまわりを美しく切り取ってもらいたい。

丹生湖ひまわり畑 – しるくるとみおか

 

【群馬県立自然史博物館】

恐竜好きならここは行って欲しい。

富岡製糸場からクルマで10分。小高い丘の上にあるもみじ平総合公園の一角に自然史博物館はあります。

なかに入って驚くのは天井の高さです。とにかく高い。高いのには理由があります。大迫力の大型恐竜を展示しているからです。ティラノサウルスやブラキオサウルスといった大きな恐竜が、目の前にいるんです。襲い掛かってきて喰われるんじゃないかって距離感の場所に。

星空や天体に興味の強かったわたしが恐竜にも惹かれてしまったのはこの自然史博物館があったから。以降いくつか恐竜関係の博物館に行ったことはありますが、地元富岡の自然史博物館を超えるインパクトを持った場所に出逢えていません。

恐竜好きに推せる場所です。

群馬県立自然史博物館

 

【妙義山】

妙義山と棚田 妙義山 4月 菜の花畑 (秋はコスモス畑に)

上毛三山のひとつ「妙義山」は富岡市・安中町・下仁田町の境界にあります。
春は菜の花、秋はコスモスがキレイな場所です。

ところで妙義山は富岡市民にとって馴染み深い山です。
中学校の行事で妙義山に行くからです。むちゃくちゃ怖いカニのヨコバイを登ったりもしました。

正直、妙義山には、楽しさより怖い思い出のほうが多いですね。

妙義山の独特の怖さを知るのにいい本があります。

ゆるふわ登山マンガ「ヤマノススメ」です。
このマンガに妙義山が出てくるんです(12巻 八十二合目「今しか見れない景色」)

埼玉県に住む雪村あおいはどこかいい山はないかと群馬県の友だち黒崎ほのかに相談します。

そこで行き先に上がったのが妙義山。自分もいい写真を撮りたいとほのか。ふたりで妙義山に向かうことに。

雪村あおいは眼前に広がる妙義山を見て、”ほかの山では見ない景色だ”と心のなかでつぶやきます。

そして「仙人とか居そうな景色。日本じゃないみたい」と今度はほのかに話しかけます。

妙義山は、雨などの侵食で岩が削られた独特の山容は標高の割に険しく、また鎖場が多くアスレチック要素の多めの山でもあります。これが怖さを感じるところですね。

さて、妙義山を登ったあおいとほのかが見た「今しか見れない景色」とは桜でした。

妙義山はもう登りたくないと思っていたけど、この景色を見るためにまた登ってみても良いかな。

 

妙義山 | しるくるとみおか

 

今度の土曜夜9時はアド街をチェックです

富岡市でここが出てほしいなってところについて思いを込めて書いてみました。

自分の住んでた街について書くって難しさと楽しさがありますね。

 

さて、富岡と甘楽でどこがでるのかな。

今度の土曜夜9時はアド街をチェックです♪

放送日リアルタイム更新

群馬 甘楽・富岡BEST20

  • 20位 アトリエ(富岡市の甘味処/50種類のかき氷)
  • 19位 マッスルしいたけ(肉厚で旨い!)
  • 18位 並木屋(創業昭和6年/団子の名店)
  • 17位 東雲館(妙義神社そばの老舗旅館)
  • 16位 道の駅 甘楽(地元の野菜が格安/窯焼きピザ)
  • 15位 ホルモン揚げ(ちくわ製)
  • 14位 群馬県立自然史博物館(実物大サイズの展示にこだわる)
  • 13位 居酒屋のような寿司屋さん
  • 12位 仁べえ(レジェンドの水腰蕎麦)
  • 11位 タレかつ丼
  • 10位 レトロな昭和の食堂(工女さんも愛したカレーライス)
  • 09位 吉田七味店(伝統製法の絶品)
  • 08位 楽山園(織田家ゆかりの大名庭園)
  • 07位 信州屋(絹しゅうまい)
  • 06位 こんにゃくパーク(バイキングが無料)
  • 05位 おっ切りこみ/たてっかえし
  • 04位 群馬サファリパーク(日本ではココだけスマトラゾウ)
  • 03位 一之宮 貫前神社(国の重要文化財/三猿も)
  • 02位 妙義山(日本三大奇山)
  • 01位 富岡製糸場(世界文化遺産)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です