【牛乳つみき楽しい】「デザインの解剖展」に行ってきた!【六本木で開催中】

この記事を書いた人
さくら(北本日記2号)
さくら(北本日記2号)

主に食レポ記事担当。 美味しいモノがないと生きていけない。料理、お菓子作り、珈琲、紅茶好き。
スイーツ紅茶会講師
日本全国のおみやげデータベース「OMIYA!」ライター。

六本木で開催中の「デザインの解剖展」へ行ってきました。

巨大きのこの山や、オリジナルの牛乳が作れる「おいしい牛乳つみき」など

遊び心あふれる展示が盛りだくさん。

身近なデザインを見なおしてみると、新たな発見があるかも…?

お菓子好きもアート好きも楽しめるステキな企画展でしたヽ(=´▽`=)ノ

おいしい牛乳つみき…だと…?

Twitterでこんなツイートを見かけまして。

おいしい牛乳の積み木! 牛乳を好きな名前にできる!!

なんてオモシロイ発想なのでしょう。

正直、その他の展示内容についてはちゃんと分かってなかったのですが

ちょうど友達と都内に遊びに行った時にこの「牛乳つみき」の話題になり、

ノリで行ってみました\(^o^)/

デザインの解剖展 概要

  • 期間:2016年10月14日(金) 〜 2017年1月22日(日)
  • 会場:21_21 DESIGN SIGHT(東京ミッドタウン・ガーデン内)
  • 住所:東京都港区赤坂9-7-6
  • 開館時間:10:00〜19:00(入場は18:30まで)
  • 休館日:火曜日、年末年始(12月27日〜1月3日)
  • 入場料:一般 1,100円、大学生 800円、高校生 500円、中学生以下無料

 

場所は六本木、ミッドタウン・ガーデンにある「21_21 DESIGN SIGHT」という施設です。

この日は日曜の11時過ぎに到着。混雑はまだ少なく、10分並んだくらいで中に入れました。

展示のテーマが分かってない人も安心。

最初に「デザインの解剖とは」を説明してくれてます。

身近なものを、デザインの視点で分析することで、ものを通して世界を見る

というのが「デザインの解剖」だそうです。

この時点では分かったような分からないような…

 

展示物を見ていくとどんどんその意味が分かってきますヨ(・∀・)

おいしそうだけど食べられません

会場に入るといきなり、無造作に転がる巨大「きのこの山」。

美味しそう。今にもチョコの香りがしてきそう。(模型です

さらにデカイきのこの山、断面図。

slooProImg_20161029125527.jpg slooProImg_20161029125526.jpg

「きのこの山」ロゴを立体化したもの。

slooProImg_20161029125530.jpg

パッケージの背景も立体化。

歴代パッケージがこちら。懐かしいな〜、さすがに初代は知らないな〜。

7本のきのこの山、実は配置に意味があるんです。

内袋に描かれているのはきのこの山、ではなく、そこへ向かう途中の道なのだ。そんなストーリーがあったとは。

slooProImg_20161029125524.jpg

色を変えてみるとこうなる、の図。

slooProImg_20161029125517.jpg

リアルきのこで作ってみた、の図。ヤバイ香りしますね。

slooProImg_20161029125515.jpg

カロリーはぶなしめじ29パック分!表示の仕方が遊び心満点。

お次はブルガリアヨーグルトのデザイン解剖。レバーを移動させると歴代パッケージが変わっていくのが面白かった!

懐かしのお砂糖。今はないんですよね。

1パックをスプーンですくうとこれくらい。

パッケージに使われてる色はこの6色。これ見ただけでなんとなくブルガリアヨーグルトが浮かんでくるから不思議。

パッケージをパーツごとに立体化したもの。普段なにげなく見てるものもこうやって分解してみると、いろんなパーツでできているんですねぇ。ひとつひとつにちゃんと意味があるのだ、すごい。

お次は板チョコ。パッケージに歴史を感じます。

特大板チョコ、割れ具合がリアルー!食べたいーっ!!(模型です

板チョコの歯応えオノマトペ。夏と冬で違うんだぞ。パキっとの方が好きです。

スーパーカップのアイスも展示がいろいろあったよ。美味しそう・・・・・

待望の「おいしい牛乳」コーナー。

パッケージの書体を変えてみるとこうなる。

これも レバーをスライドさせると徐々に書体が変わっていくようになってました。やっぱり明朝体がしっくりくるネ。

 

ゴロンと転がる特大牛乳パック。

そしてコレが!おいしい牛乳つみきだ!!!

大人気で混雑してました。みんなオリジナル牛乳を作りたくて必死ヽ(=´▽`=)ノ

「さくら牛乳」できたぞー!!

横の文字が「新鮮を自然の新鮮をよろこび」と、ワケわからんことになってます。

ホント、このアイディアすごいよねー。身近なものをオリジナルにいじれるってのがそそられるんだわ。

 

他にもクスッと笑える、よく見るとためになる展示がたくさん。

牛乳ブロック目当てでふらっと行ってみたんですが、想像以上に楽しめました。

 

「デザインの解剖展」は、来年(2017年)1月22日まで開催。

まだまだ期間はあるので、気になる方はぜひ行ってみてください(*´∀`*)

 

見てるとむしょーにチョコが食べたくなるのでダイエット中の方は注意が必要です!(笑)

ちなみにこの後おいしいチョコレートパフェ食べに行きました…\(^o^)/

関連リンク

公式HP:http://www.2121designsight.jp/program/design_anatomy/ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です