源たれ最高!青森「スタミナ源たれ」の素晴らしさを語り尽くす【レシピ付き】

イベントのお知らせ
当ブログ主催のイベント。参加者募集中です。お菓子や紅茶に興味ある方はぜひご覧下さい♪
【募集中】第5回スイーツ紅茶会 in 三郷 4/21(金)開催!

青森が誇る万能調味料「源たれ」、正式名称「スタミナ源たれ」。

群馬出身・埼玉県民のさくらも長年愛用する「源たれ」について、熱く語ってみようと思います。

源たれ最高ーーー!!

源たれとは?

スタミナ源たれ、通称「源たれ」は、青森の上北農産加工(KNK)が販売している焼き肉のたれです。

青森県民では知らない人はいない、冷蔵庫に必ず入っているという源たれ。

青森特産のりんごやにんにく、玉ねぎ、生姜などのすりおろし生野菜をたっぷり使っているのが特徴です。

使っている醤油の原料も青森産。まさに青森ずくめの一本なのです。

ゴールドやプレミアム、塩味などいろんな種類が発売されていますが、

今回は定番の「スタンダード」について解説します。

原材料にヒミツあり

源タレのどこがスゴイかというと…

ヒミツは原材料表示にあります。

IMG_0612-gentare

原材料の「醤油」の次に「りんご」が書いてある!

ふつーの市販の焼肉のタレだと、醤油の次はだいたい糖類です。

しかーし、源たれは生のりんごがたっぷり。砂糖よりりんごの甘みがメインなのです。

これがスッキリした自然な甘さの秘密。

 

また、原材料に「油」がありません。

油分は市販の焼肉のタレにはだいたい入ってるものなんですが

源たれはノンオイル

だからしっかり味なのに重たくなく、どんな料理にも使えるのです。

源たれとの出会い

さくらが源たれと初めて出会ったのは、家族で青森へ旅行に行った時のこと。

まだ子供のころでしたが、お土産で買ってきた源たれを家で使ったら

美味しくて感動した覚えがあります。

たしかホットプレートで定番の焼き肉をしたんです。

いつものたれと違って甘すぎなくていくらでも食べられる。

焼き野菜にも相性が良くて苦手なピーマンも美味しく食べられました。

 

その後しばらく源たれとは離れていましたが

ここ最近、関東のスーパーでも売られているのを発見\(^o^)/

あの時の感動を再び!とばかりに買ってみました。

ちょうどネットで源たれの美味しさが話題になっていて、焼き肉以外の使い道がたくさんあることを知り

いろいろ試していたらどんどんハマってしまい、

今や冷蔵庫に無くてはならない存在に(*´∀`*)

源たれレシピあれこれ

源たれは「焼き肉のたれ」として売っていますが、焼き肉だけじゃもったいない。

ありとあらゆる料理に使えます。理由は前述した通り。

さくらのおすすめの使い方をいくつか挙げてみます。

納豆のたれ

納豆に混ぜる。ただそれだけ。簡単だけど超ウマイです。

付いているタレを入れた上で源たれをちょい足しするもよし、源たれだけでシンプルにいただくもよし。どっちもイケます。

特にオススメなのはお気に入りの納豆「おかめ納豆旨味」に付属のタレとからしを入れ、さらに源たれを小さじ2くらい追加し、ごはんの上にのせて食べる食べ方。

ごま油やネギを追加してもおいしいです。めっちゃごはんが進むんやでー。

生姜焼き

定番焼き肉に似た使い方。牛肉にも合うけど豚肉にも合うんです。

豚肉を焼いたところに源たれをぶっかけて絡める。これだけで生姜焼きの出来上がり。

源たれには生姜のすりおろしが入っているので、源たれだけでも立派な生姜焼きの味になります。

生姜の辛みはややマイルド。より生姜感が欲しい場合は生姜のすりおろしを追加しましょう。

野菜炒め

炒めものにも使えます。

普段の野菜炒めの味付けを源たれに変えてみると、甘じょっぱいごはんに合う味に。

焼きうどんの味付けも源たれ一本で間違いない。

豚キムチ炒めなんかも、「キムチの味+源たれ」だけでまとまりのある仕上がりになります。

ノンオイルだからたくさん使ってもくどくならないのが良いトコロ!

煮物

焼くだけじゃないんだぜ。煮物にもいける。

おすすめはごぼう・豚肉・人参の煮物。

定番の煮物の味付け(酒・醤油・みりん)を薄めに付けたところに、源たれをちょい足し。

そうすると甘辛く生姜とニンニクの風味が効いた、ワンランクUPの煮物になります。

きんぴらごぼうにも合うよ。ごぼうとの相性抜群です。

冷奴

醤油の変わりに、豆腐に源たれをかけるだけ。

薬味なしで美味しい冷奴のできあがりー!

温かい温奴でも美味しいよ。

源たれごはん

なんだかんだ書いてますが究極はコレ。

白いごはんに源たれをぶっかけて食べる、源たれごはん。

おかずがなーんにもなくても幸せになれる魔法のたれ。素晴らしき源たれ。

源たれそのものの味を確かめる意味でも、買ったらまず最初にやってみて欲しいです(・∀・)

100均ディスペンサーへ移そう

こんな万能の調味料「源たれ」ですが、2つだけ欠点があります。

まずひとつめ、瓶が使いづらい

IMG_0638-gentare

源たれの瓶って注ぎ口がめっちゃ太くて、ドバッと出るんです。

うっかり入れ過ぎちゃうことが多々あって困ってました。

そこで考えたのが、「100均ディスペンサーへ移し替え」技!

IMG_0627-gentare IMG_0631-gentare

100円ショップに売ってる、先が細くなってる調味料ディスペンサーへ移し替えて使えば

使いたい量だけ正確に使えて便利です。

我が家では毎回この方法。

すりおろし野菜がたっぷりなので、使う前によく振るのをお忘れなく♪

ネットでまとめ買いがおすすめ

欠点ふたつめは、関東だと値段が高いことです。

源たれスタンダード、青森ではスーパーの特売に出ることもあり、1瓶198円ほどで買えるそうです。

かたや関東では、そもそも大瓶(410g)は売ってなく、小瓶(300g)が300円以上する。

量が少ないのに高いってどういうこっちゃ!

最初は仕方なく小瓶を買っていましたが、いろいろ調べてみると、ネットで安く買えることが分かりました。

底値を調査した結果、楽天の「コンプモト」というお店で6本まとめ買いが最安!

(大瓶1本280円で、1500円以上が送料無料になるため6本以上がおトク)

IMG_0623-gentare

↑まとめて買った時の写真(1本はもう使い始めた)

開封しなければ1年以上もつので、我が家はいつもここで買ってます。

安く買えたのをいいことに知り合いに布教したりもしてます。

皆さんも素敵な源たれライフをヽ(=´▽`=)ノ

 

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

さくら(北本日記2号)

主に食レポ記事担当。 美味しいモノがないと生きていけない。料理、お菓子作り、珈琲、紅茶好き。
スイーツ紅茶会講師
日本全国のおみやげデータベース「OMIYA!」ライター。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です