【イタリア〜ンなトマトカレーまん】〜北本トマトカレーフレークレシピ〜

北本トマトカレーのフレークタイプを使ったアレンジレシピ、第2弾!

トマトカレーを包んだ中華まんを作ってみました。モッツァレラチーズとバジルを一緒に包んでイタリアン風に(*´∀`*)

第1弾もチェック!

第1弾「トマトカレーチャウダー」のレシピはこちらです。

 

「イタリア〜ンなトマトカレーまん」レシピ

材料(3〜4人前)

【カレーまんの具】

  • にんにく 1片
  • 玉ねぎ 小1個(150g)
  • 豚ひき肉 200g
  • カットトマト缶 1/2缶(200g)
  • 水 200cc
  • 顆粒コンソメ 小さじ2
  • 日本一の北本トマトカレーフレークタイプ 30g
  • ウスターソース 小さじ2くらい
  • オリーブ油、塩こしょう 適量
  • モッツァレラチーズ
  • バジルの葉
IMG_0592-curry-man

モッツァレラチーズ、今回は丸いチェリータイプがあったのでそれにしてみました。大きいのをカットしてもOK。ピザ用チーズで代用も可。

IMG_0598-curry-man

 

【生地】(4個分)

  • 薄力粉 150g
  • 砂糖 15g
  • 塩 ひとつまみ
  • ベーキングパウダー 5g
  • インスタントドライイースト 1.5g
  • 牛乳 20g
  • ぬるま湯 50g
  • オリーブ油 5g
  • トマトペースト 1/2袋(9g)
IMG_0607-curry-man

準備

  • にんにくはみじん切り。
  • 玉ねぎは粗みじん切り。

 

作り方

カレーまんの具

鍋にオリーブ油とにんにくを入れ、香りが出るまで炒める。

IMG_0614-curry-man

玉ねぎを加えてしんなりするまでさらに炒める。(ここで少し塩を入れると早く炒められる)

IMG_0615-curry-man

豚ひき肉を加え、色が変わるまで炒める。

IMG_0617-curry-man  IMG_0623-curry-man

水、カットトマト缶、顆粒コンソメを加え、10分ほど煮る。

IMG_0624-curry-man  IMG_0627-curry-man

これくらいの水分量になったら、いったん火を止めてトマトカレーフレークを入れる。

IMG_0656-curry-man IMG_0658-curry-man

よくかき混ぜてトマトカレーフレークを溶かし、弱火にかける。5分ほど煮てさらに水分を飛ばす。ウスターソース、塩こしょうで味を整える。

IMG_0659-curry-man

これでトマトカレーまんの具が完成!

トマトカレーまん生地は4個分で作りましたが、具は8個分くらいあります。

余りはごはんにかけてドライカレーっぽく、美味しく食べられるヨ(・∀・)

生地を倍量で作って全部カレーまんにするのもまたよし。

IMG_0721-curry-man

 

生地

薄力粉、砂糖、塩、ベーキングパウダーをひとつのボウルに入れる。

IMG_0611-curry-man

牛乳、ぬるま湯、オリーブ油を入れた器に、インスタントドライイーストを加えて混ぜる。

IMG_0610-curry-man

ここでイーストを予備醗酵させます。牛乳が冷たい場合、お湯の温度は50℃くらいが良い。

IMG_0629-curry-man

粉類にイースト液を入れ、さらにトマトペーストも加えて捏ねる。

今回はキッチンエイド使用。手捏ね、フードプロセッサー、ホームベーカリーでも可。

IMG_0631-curry-man IMG_0635-curry-man IMG_0645-curry-man IMG_0655-curry-man

なめらかになるまでしっかり捏ねたら、オリーブ油をうすく塗ったボウルに移す。

IMG_0662-curry-man IMG_0663-curry-man

霧吹きをし、ラップをかけて、40℃前後のあたたかいところで30分、一次発酵させる。

IMG_0666-curry-man

我が家はお湯を沸かした鍋に網をのせ、その上にボウルを置いています。発酵させている時は火を消すこと。(高温になりすぎるとイーストが死にます)

IMG_0664-curry-man    IMG_0669-curry-man

倍くらいの大きさに膨らんだら一次発酵終了。

IMG_0670-curry-man

打ち粉(薄力粉か強力粉、分量外)をした台の上にのせ、4等分する。

IMG_0673-curry-man IMG_0675-curry-man

綿棒で薄く伸ばす。

IMG_0677-curry-man

・・・不格好だな。。できればきれいに丸く伸ばしてネ!

IMG_0679-curry-man

カレーまんを包んでいきます。

冷ました具をひとすくいのせ、モッツァレラチーズ、バジルの葉1枚ものせる。

IMG_0680-curry-man IMG_0682-curry-man IMG_0683-curry-man

包むの難しいケドいい感じに包むのだ。で、カットしたオーブンペーパーの上にのせる。

IMG_0686-curry-man  IMG_0711-curry-man

蒸し器に並べ、下に熱湯を入れ、蓋をして15分ほど二次発酵。

IMG_0713-curry-man IMG_0718-curry-man

二次発酵後、強火で15分蒸して出来上がり!(蒸す時は蓋に布をかぶせて水滴が垂れないようにすると◎。もしくはセイロで)

IMG_0727-curry-man

あっ…チーズが流出しちゃった…包みが下手だとこうなります\(^o^)/

IMG_0729-curry-man IMG_0730-curry-man IMG_0737-curry-man

割ってみる。チーズがとろーり。

IMG_0741-curry-man

トマトの甘みとバジルの香り、ほんのりカレーのスパイシー感。ピザまんとカレーまんのいいとこ取りで激ウマです。

トマトペーストを入れた生地は見た目もキレイだしトマトの味も感じられて良いですな。なければ省いてもOKよ(・∀・)

 

中華まん作り初めてだったもんで、包みに苦戦しました。上手に包めるようになりたーい!

生地を捏ねたり伸ばしたりが楽しいです、お子さんと一緒に作ってみてはいかがでしょーか♪

 

トマトカレーフレークレシピ、第3弾、第4弾も考案中です。

海老のトマトカレービスク、サバトマトカレー…などなど、アイディアは尽きないぜ。乞うご期待ヽ(=´▽`=)ノ

 

北本トマトカレーフレークについて詳しくはこちら

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です