【ノーベル賞】北里大の大村智氏 北里大学メディカルセンターの設立者

北本にゆかりのある方がノーベル賞を受賞されました。

北里大の大村智氏です。大村さんは北里大学メディカルセンター(埼玉県北本市)の設立者でもあります。

メディカルセンターには珍しい絵画がたくさん展示されていますが、これも氏の意向によるものでした。

ニュース記事

ノーベル生理学・医学賞に北里大の大村智氏 – YOMIURI ONLINE

スウェーデンのカロリンスカ研究所は5日、2015年のノーベル生理学・医学賞を、大村智さとし・北里大特別栄誉教授(80)ら3人に贈ると発表した。

大村氏は、抗寄生虫薬「イベルメクチン」のもとになる物質を発見。途上国の寄生虫病患者に年1~2回投与することで、失明を防ぐ薬の開発につなげた業績が、高く評価された。イベルメクチンは年間2億人以上に投与されている。

 

北里メディカルセンターに関する記事

北里博士の「実学の精神」を生かし地域医療の中核を担う

北里研究所の未来を託すにふさわしい、21世紀を視座に据えた「北里研究所メディカルセンター」事業が現研究所顧問、大村智博士により提案され、地域医療の中核として高度かつ先進的な医療を行うと同時に、地域文化の発信基地としての使命を受け持つべく、平成元年4月、埼玉県北本市に「社団法人北里研究所 北里研究所メディカルセンター病院」を開院しました。

北里博士の「実学の精神」を生かし地域医療の中核を担う

 

祝!2015年ノーベル医学・生理学賞に大村智さん受賞理由は「寄生虫やマラリアなどに関する研究」

大村さんは、日本の産学共同の先駆者でもある。薬剤開発などで海外の製薬会社などと産学連携のライセンス契約を結び、そこから得られたロイヤリティ収益を北里研究所に還流させ、病院を埼玉県北本市に建設。芸術にも造詣が深く、故郷である山梨県韮崎市に韮崎大村美術館を建設、1500点を超える蒐集作品と共に市に寄贈。

祝!2015年ノーベル医学・生理学賞に大村智さん受賞理由は「寄生虫やマラリアなどに関する研究」

 

産学連携で北里研究所に250億円を導入した大村智博士 ―(上)

北里研究所は当時、経営が非常に大変な時期だったが、特許ロイヤリティの収益でたちまち建て直し、さらに埼玉県北本市に病院建設まで実現してしまう。

産学連携で北里研究所に250億円を導入した大村智博士 ―(上)

 

研究の経営から病院の経営へ

世の中、どうやってお金を得るかに関心が集まりがちですが、入ったお金をどう使うかが大事なことです。私はイベルメクチンで得た特許料で病院を建てました。世界中訪ねても、特許料で病院をつくった大学の先生というのは私だけかもしれません。私は医者ではないので、医師会との意見調整は本当に大変でした。1994年、大変な苦労ののち埼玉県北本市の自然豊かな土地に440床の総合病院を作ることができました。新しい病院には、これまでの病院にはない工夫をしました。幼いころから絵が好きで絵画を収集していたので、病院の待ち時間に絵が見られるといいなと思い、絵を展示することにしたのです。エントランスや待合室には美術館よりすごい絵が掛かっていますよ。ニューヨークで活躍した抽象画の岡田謙三氏[註13]や洋画の鈴木信太郎氏[註14]をはじめ一流の作家の作品が集まっています。半分以上が寄付やコンクールで集まった作品で、「絵のある病院」という理念に多くの方が共鳴してくださったおかげです。これは日本における本格的ヒーリング・アートの先駆けだと言われます。

新しい微生物創薬の世界を切り開く

 

北里大学メディカルセンターに行ったら絵画を見てみよう

埼玉県北本市にある北里大学メディカルセンター。たくさんの絵画があるらしい。いままで気にしたこともなかったけど、今度行く機会があったら(あんまり病院には行きたくないけど)見てみよう。

 


 


 

関連サイト

ノーベル生理学・医学賞に北里大の大村智氏

大村さん「まさかノーベル賞とは」

北里博士の「実学の精神」を生かし地域医療の中核を担う – 北里大学メディカルセンター

 

姉妹サイトのご紹介
北本日記ではこんなサイトも運営しています。
ご興味ありましたらぜひご覧ください!

星乃珈琲だいすきクラブ
サブウェイ大好きクラブ
サイボク大好きクラブ

   

スポンサードリンク

2 件のコメント

  • […]  私は、日本人がノーベル賞を受賞したという記事をPCで見て,やったねと思っていたのですが,夕食の時に,女房が楽しそうにこんなことをテレビで放送していたという。  その大村智という人は、なかなか面白い人物で,記者会見を開始する直前にちょうど安倍総理からお祝いの電話がかかって来たのだが,記者さんを待たせているので,総理の電話を後回しにしたというのだ。なんと素晴らしい人だろう。私なら間違いなく喜んで電話に出て,記者さんには,今総理から電話が有って遅くなりましたぐらい言うところだが,そこが凡人と違うところだ。   <この爺さんは、ただ者ではないぞ>  ノーベル賞をもらうことも最近ではそれほど珍しい話ではなくなり,それほど気にとめなかったのですが,女房が楽しそうに先ほどの総理からの電話の話をしていたので,ちょっと気になって調べてみたのですが、この爺さん、ただ者ではない。以下,今日は素晴らしいこの大村爺さんの人間的な魅力を皆とシェアしようと思う。 <笑顔が素晴らしい爺さんである>  先ず第一印象、笑顔がいいなあ。顔は生まれつきだからしょうがないでしょうという人がいるかもしれないが,そうではない。人間自分の顔には責任を持たないといかんと言っているのは私だけではない。アメリカン16代大統領のエイブラハム・リンカーン。の名言の一つに「40歳を過ぎた人間は、自分の顔に責任を持たなくてはならない。」というのが有る。自分の40年の生き様がその人の顔に出るということだ,悪いことをしてきた人は悪い顔になる。嘘のない人生を送ってきた人は、正直者の顔になるということだ。大村爺さんの顔は実に裏・表がない,正直者の顔である。余談だが,そう言う意味では,現都知事も前都知事も大いに悪者である。  そう言う意味では,この大村爺さんは正直に生きてきた人だ。 <人生の選択の基準は,人の為になるか、どうか>  彼は,山梨県の農家の長男で母親が先生をしており忙しく、おばあちゃんが育てていたらしいというから、決して裕福な家庭ではなかったのであろう。そのおばあちゃんが何度も言っていたらしい。 「人の役に立つことをしなさい」。素晴らしいおばあちゃんである。まるで、テレビドラマ「ちゅらさん」のおばあをイメージさせるような話だ。それを素直に聞いて信条とするところがなんともすごい大村少年である。 <人まねでは,その人を越えられない>  高校に入ると,大村少年は,卓球部とスキー部の部長をしていたというから運動は得意だったのであろう。 以下は2015年10月5日夜の記者会見より。 ――人と同じこととやってはだめ?  私は人まねしない。人まねするとそこで終わりになる。それより超えることは絶対あり得ない。それはスキーから学んだ。高校大学、スキーばっかりやっていたんですけど、あるとき新潟の先輩からこういうことを聞いた。新潟も、北海道に勝つためにも、北海道に行っては教わってくるんだけど、ところが何回やっても北海道に負けるらしい。そのうち先生が、もう北海道に行くのはやめ。自分たちで、練習方法を考えてやらなければ勝てないと言われました。自分が独自にいろんな研究をして、やがて北海道に勝てるようになった。それが、まさに科学と同じだと思う。自然科学なんでも同じ。人のまねをしていたら、こういうことできない。人を超えようと思ったらまねでは超えられないのが、私の身についている。学生時代から。 いやあ、どっかのアル君・ニダさんたちに聞かせてあげたいですね。日本人が多くノーベル賞を受賞してひがみまくっている彼らにできることは、パクることだけですからねえ。とてもノーベル賞なんて言うのは無理ですね。 <定時制高校の教師に就職,学生の熱心さに感化され進学へ>  墨田区の定時制高校の教師になって,昼間働き、その後に勉強する彼らをみて、大村青年は何かを感じ始めたらしい。数年経過したある時,試験に遅れてはいってきた学生の手が油まぎれであるのを見て,大村青年は、「自分は何をしてるんだ。もう一度勉強し直そう」ということで、大学へ戻り,その後東京理科大学大学院へ進学したというから、30近くになってからの大学院生だ。私だったら,もう結婚して落ちつこうと考えてしまうが,人の為に何かをしたいと考える男は行動力が違うぞ。 <東京理科大学大学院修了後に,山梨大学発酵生物学助手に>  学生時代のエピソードは見つからなかったが、wikipediaによると,山梨大学でブランディーの製法研究に従事という。その2年後に、社団法人北里研究所にはいって,米国へ留学し,そこでメルク社と出会うことになるのだが,ここにも彼らしい逸話が有る。 rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="12e29af7.7f8add71.12e29af8.95374a51";rakuten_items="ranking";rakuten_genreId="562637";rakuten_size="728×200";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="on";rakuten_auto_mode="on";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="off"; -他のジャンルを見る- 総合 花・ガーデン パソコン・周辺機器 食品 水・ソフトドリンク レディース・ファッション インナー・下着 キッズ・ベイビー インテリア・家具 ダイエット・健康 美容・コスメ・香水 スポーツ・アウトドア おもちゃ・趣味 ペット・ペットグッズ CD/DVD 本・雑誌・コミック テレビ・オーディオ 日用品・雑貨 ジュエリー バッグ・ブランド 日本酒・ビール ビール・洋酒 スイーツ・お菓子 医薬品・コンタクト メンズ・ファッション 靴 腕時計 キッチン用品 家電 スマートファン <帰国しても、研究費用が出せないと言われた彼は>  29歳で北里研究所に入り、36歳でアメリカに留学したが、帰国前に「戻っても研究費はない」と言われた。ここで彼がとった行動力がすごい。アメリカで製薬会社を回って共同研究を打診した。帰国前、アメリカの製薬会社メルクから、1年で2500万円の破格の研究費提供を受け、動物薬の研究に打ち込んだのである。  彼の営業力もたいした者である。メルク社もそんな若い研究者に破格な研究費を出すというには,よほど彼に魅力を感じたのであろう。これは私の推測だが,彼の「人の為に何かをしたい」という思いと「人まねはしない」という姿勢を高く評価したものと考える。 <ポリ袋とスポーンで全国行脚で、発見されたエバーメクチン>  北里研究所に復帰後は、研究員とポリ袋やスプーンを持ち歩いて、各地の土を集め、培養して有望な菌を探し出す、地道な作業を続けた。1974年、静岡県伊東市の川奈ゴルフ場の近くの土から採取したカビに似た放線菌が、試験管の中でこれまでにない色や性質を示していた。そんな中でエバーメクチンが発見され、改良されてイベルメクチンへとつながる。 <1981年(46歳)にメルク社からイベルメクチン発売>  「エバーメクチン」より効果を高めた「イベルメクチン」は1981年にメルクから発売された。 大村氏は、北里研究所長を経て、北里大特別栄誉教授。文化功労者(2012年)に選ばれたほか、医学の世界的な功労者に贈られるガードナー賞(2014年)、朝日賞(2014年度)など数々の賞を受賞している。  そして,ここがすごい。大村氏は研究で得た巨額な特許料を、自分は食べるだけあえば十分だとして,ほとんどを寄付してしまうのだ。まあ、うちの女房ならとてもそんなことは納得しないだろうけど,大村氏は奥さんもよくできた人だった(15年前に亡くなたれている)のでしょう。 <特許料も人の為に、自ら選んだ美術品をつけて美術館を寄付>  美術愛好家としても知られる大村爺さん。2007年には、故郷である山梨県韮崎市にコレクションを新築の美術館ごと寄付。購入費だけで総額5億円にのぼりますが、故郷への恩返しであり「若い人たちへの投資でもある」と語っています。ここまでなら波のお金持ちでもできるが,彼がやはりひと味違うところは,そこに置く美術品の選定基準がいかにも彼らしいだ。以下のように言っている。 絵画の収集は、作家をいろいろ調べてはダメです。文化勲章をとったとかでなく、自分が直感的によいと思ったものを買います。女子美術大の理事長になり、応援しなければと卒業生の作品を買うようになった。与えられた場所でできることはしたい。 <さらに、こんなおもてなしも容易してしまうという>  さらに、気取らない場所にしたかったと、敷地内に自身で経営するそばや、温泉施設を作ったというからすごい。これをソフトバンクの禿あたりがやったのであれば,全然興味がわかないが,大村爺さんがやったと聞けば,さぞかし心がこもったものになっていると考えるのは,ここまで読んできたあなたなら十分納得できるでしょう。 <北里研究所にも250億円で、北里大学メディカルセンター設立>  更に圧巻、我らが尊敬する大村爺さんは,世話になった北里研究所に対して250億円のお金をつぎ込んで、珍しい絵画がたくさん展示されて北里大学メディカルセンター設立を設立するという、もう私から見れば,呆れ返っちゃうようなことをやってのける。 rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="12e29af7.7f8add71.12e29af8.95374a51";rakuten_items="ranking";rakuten_genreId="562637";rakuten_size="728×200";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="on";rakuten_auto_mode="on";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="off"; <ノーベル賞受賞決定後の言葉が、なんとも奥ゆかしい>  そんな偉業を成し遂げながらも、大村爺さんが語ることは徹頭徹尾、謙虚で誠実だ。5日の会見では、 私の仕事は微生物の力を借りているだけ。私自身がえらいものを考えたり、難しいことをやったりしたわけではなくて、すべて微生物がやっていることを勉強させていただいたりしながら、本日まで来ている。そういう意味で本当に私がこんな賞をいただいていいのかな、と思います。  人のために少しでもなにか役に立つことはないか、微生物の力を借りて何かできないか。それを絶えず考えております。  どうですか? 偉大な業績に,加えてこの素晴らしい人間性はいかがですか。まさに日本が世界に誇るべき偉人ですなあ。 参考)  ・ 大村智さんのことば  ・大村智さん、どんな人?  ・北里大学メディカルセンターの設立者 […]

  • おめでとうございます!日本の私立大学では初めてですね。北里柴三郎先生も人種差別がなければノーベル賞を受賞できましたが。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です